ナゲット金貨買取なら東京の福助へ

ナゲット金貨

ナゲット金貨の買取なら東京の福助にお任せください。

「ナゲット金貨」は、オーストラリア・パース造幣局が発行していた「地金型金貨」です。
オーストラリアの地金型金貨は「ナゲット金貨」→「カンガルー金貨」と製造されており、買取でもよく鑑定・査定に出されて高額で買取されています。

ここでは「ナゲット金貨」の詳細や人気の理由などをご紹介しましょう。
希少価値こそありませんが、オーストラリア政府の保証がある金貨のために買取相場が非常に高値のコインなのです。

本日のナゲット金貨買取価格

ナゲット金貨(1オンス)

本日の買取価格(2019年9月16日現在)165,327円
ナゲット金貨の買取価格・査定相場金品位K24
重量31.1g
直径32.0mm
額面100ドル
発行国オーストラリア

ナゲット金貨(1/2オンス)

本日の買取価格(2019年9月16日現在)82,398円
ナゲット金貨の買取価格・査定相場金品位K24
重量15.5g
直径25.0mm
額面50ドル
発行国オーストラリア

ナゲット金貨(1/4オンス)

本日の買取価格(2019年9月16日現在)40,933円
ナゲット金貨の買取価格・査定相場金品位K24
重量7.7g
直径20.0mm
額面25ドル
発行国オーストラリア

ナゲット金貨(1/10オンス)

本日の買取価格(2019年9月16日現在)16,479円
ナゲット金貨の買取価格・査定相場金品位K24
重量3.1g
直径16.0mm
額面15ドル
発行国オーストラリア

ナゲット金貨(1/20オンス)

本日の買取価格(2019年9月16日現在)7,974円
ナゲット金貨の買取価格・査定相場金品位K24
重量1.57g
直径13.9mm
額面5ドル
発行国オーストラリア

福助は明瞭会計

店舗情報・地図

東急目黒線・大井町線

大岡山駅徒歩1分

営業時間
11:00~18:00

クリックして今すぐお電話ください

0120-777-064

店舗名称買取福助 東京大岡山店
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布駅から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山駅から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川駅から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘駅から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分
詳しい地図・駅からの道順

ナゲット金貨とは?

1986~1989年の間だけ発行された純金金貨

歴史あるパース造幣局が発行した金貨

「ナゲット金貨」は、オーストラリア政府によって1986年から1989年まで発行された「地金型金貨」です。

純度は99.99%のほぼ純金製。表側にはイギリスの女王エリザベス二世の肖像が刻印され、裏側にはナゲット=自然金塊の絵柄がデザインされています。

オーストラリアはイギリス連邦に所属する16の国のひとつのためイギリス女王の顔を金貨にいただいており、裏面がナゲット(nugget)柄だったことから「ナゲット金貨」と呼ばれています。

発行元の「パース造幣局」は1899年に設立され、1970年に西オーストラリア州政府の所有になった歴史ある造幣局。

1986年にオーストラリア連邦政府から金、銀、プラチナの法廷貨幣の発行権限が与えられてナゲット金貨の発行が始まり、のちにカンガルーをあしらった「カンガルー金貨」の製造が始まりました。

重量別に5種類、資金量に応じて購入・売却

現在販売されているナゲット金貨は重量別に5種類。重量が大きい順に

  • ナゲット金貨1オンス(31.1g)
  • ナゲット金貨1/2オンス(15.5g)
  • ナゲット金貨1/4オンス(7.7g)
  • ナゲット金貨1/10オンス(3.1g)
  • ナゲット金貨1/20オンス(1.5g)

ナゲット金貨は金の重量に応じて鑑定・査定される「地金型金貨」のため、少額金貨を少しずつ集めても高額金貨を1枚だけ所有していても、出張買取での買取価格はそれほど変わりません。重要なのは、金貨の総重量です。

手元にある資金額に応じて無理のない購入・売却ができるのが利点の金貨です。

ナゲット金貨の人気の理由

金の純度の高さ

「ナゲット金貨」が人気である理由は、金の純度が高いことです。
ナゲット金貨はK24でほぼ純金。純金であるため、コインの重量=金の重量ということになり、金相場に比例して価値が決まります。
世界にはさまざまな金貨がありますが、すべての金貨が純金とは限りません。

ナゲット金貨やカンガルー金貨、カナダのメイプルリーフ金貨などはK24ですが、イギリスのソブリン金貨やアメリカのイーグル金貨はK22で、金の純度としてはやや低くなります。

ほかにもK21.6のメキシコ・ペソ金貨、アメリカのインディアン金貨などがあり、コイン重量は同じでも金の含有量が異なるので、ナゲット金貨ほどの高値では売却ができません。

金貨は純度が高いほど価値が高いので、資産として所有するなら24Kの金貨がおすすめです。

パース造幣局の信頼度の高さ

地金型金貨は資産である以上、真贋が重要になってきます。
その点、ナゲット金貨はオーストラリア政府が保証する金貨で信頼度が高いものです。

ナゲット金貨を製造していた「パース造幣局」は造幣技術で世界的にも有名。
発行されるコインは世界中の収集家がコレクションしています。
国際的に信頼されている造幣局が作った金貨のため、ナゲット金貨は人気が高いのです。

その他の金貨

金貨買取 TOPページへ

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up