金品位(貴金属に入っている刻印)の見分け方

金・貴金属の品位(刻印)について

金・プラチナ・銀製品の刻印を見れば、金品位(純度)が分かります。
指輪やネックレスなどに入った、K18・750といった刻印は、品物にどれだけ「貴金属」が使われているかを、24分率又は、1000分率で示す表記です。
日本を含むアジア圏では、24分率を使われることが多く、欧米では主に1000分率が使用されています。

例えばK18 (750)の刻印がある御品物であれば、18/24 = 750/1000
表記された刻印は違っても、金の含有量は同じ75%となり、どちらも『18金』です。
純金は柔らかく耐久性に劣るので、指輪・ネックレスなどの、ジュエリーに最もよく使われる、18金の場合、25%は銅、銀などの多種金属で、これらの金属を割金と呼びます。

金の品位(純度)
刻印24分率100分率1000分率
K2424/241001000
K2222/2491917
K21.621.6/2490900
K2020/2483835
K1818/2475750
K1414/2458585
K1010/2441417
K99/2437375

品位証明画像

金品位の見方

刻印品位詳細
K24インゴット純度99.99%以上の品位 (24金インゴット)GOLD、999.9、FINEGOLDなどの刻印のある製品
東京商品取引所で受け渡し供用品と指定されている公式国際ブランド、グッドデリバリー・バーのインゴット
K24コイン純度99.99%以上の品位 (24金コイン)メイプルリーフ金貨・カンガルー金貨・キャット金貨など
K24S純度99.9%以上の品位 (24金スクラップ)純金、K24、24KTなどの刻印のある製品
グッドデリバリー・バー以外のインゴットや、純度99.9%のコイン(パンダ金貨など)
K23純度96.5%の品位 (23金)K23、965、23KTなどの刻印のある製品
台湾や中国、東南アジアなどで純金として売られている製品に多く、シナ金・チャン金・タイ金などと呼ばれる。
K22純度91.7%の品位 (22金)K22、917、22KT、足金、千足などの刻印のある製品
金貨、アジア諸国の純金製品
K21.6純度90.0%の品位 (21.6金)K21.6、900、21.6KTなどの刻印のある製品
インディアン ペソ金貨など
K20純度83.5%の品位 (20金)K20、835、20KTなどの刻印のある製品
印台など
K18純度75.0%の品位 (18金)K18、750、18KTなどの刻印のある製品
一般的な金製品や記念メダルなど
K14純度58.5%の品位 (14金)K14、585などの刻印のある製品
カナダ・100ドル金貨など
K12純度50.0%の品位 (12金)K12、500などの刻印のある製品
バハマ・50ドル金貨、カイマン諸島50ドル金貨など
K10純度41.7%の品位 (10金)K10、417、K10WGなどの刻印のある製品
K9純度37.5%の品位 (9金)K9、375、PWG9などの刻印のある製品
K18WG純度75.0%の品位 (18金ホワイトゴールド)K18WGの刻印がある製品
銀やパラジウムの割金が多い白色系の合金、一般的な金製品
K14WG純度58.5%の品位 (14金ホワイトゴールド)K14WGの刻印がある製品
銀やパラジウムの割金が多い白色系の合金、一般的な金製品

インゴットバー

K24インゴット

インゴットバーは金の塊を精錬し、型に流し込み固体化させた金の塊のことで、いわゆる「金の延べ棒」のことです。重さは1kg、500g、100g、50g、20g、10gを基本に、会社によっては300g、200g、1gがあります。

ロンドンのLBMA(ロンドン貴金属市場協会)の厳正な審査をクリアしたブランドは「グッドデリバリーバー」と呼ばれ、日本では、田中貴金属、三菱マテリアル、アサヒプリテック、徳力、石福金属工業、日本マテリアル、日鉱金属などが有名です。これらのグッドデリバリ―バーは、世界中のどこでも国際相場で取引きが可能です。

貴重な資源として価値ある金は、かねてから人々に重宝されてきました。経済の状況が変動する現代のなかでも、金は世界で共通の価値を持つため、災害や年金不安といった様々なことを想定したうえで、個人の資産を守るツールとして近年ますます注目を集めています。
弊社では節税対策として金地金の小分け加工も行っております。

純金

純金

日本において「純金」とは純度が99.99%以上のものを呼びます。金において最高品位を指し、何も混入物がない状態です。

「K24」や「純金」の刻印が入ります。一般的にはインゴットバー、金貨、金杯などが知られていますが、イベント的に純金製のキャラクター人形や急須といったユニークなアイテムが作られることが多々あります。
一方、非常に柔らかくとても傷つきやすい素材のため、一般的には純金(K24)のみでアクセサリーを作るケースは珍しく、通常は強度を増すために銀や銅が割金として使用されます。

18金(K18)

18金

金製品の純度を表すにはアルファベットのKを用います。このKは(Karat=カラット=質)からきています。(ちなみに宝石に用いるCarat=カラットは別の単位です。)

一般的に流通する指輪やネックレスといった貴金属のアクセサリーのなかでも、もっとも馴染み深いのが18金(K18)です。理由は、純金(K24=100%)は素材が柔らかいため加工がしにくい、また使用しているうちに傷やへこみができ損傷しやすいためです。

純金(K24)が24/24=100のため、K18の純度は18/24=75の75%になります。金の含有量が75%に対して残りの25%は金と違う金属を合わせて強度をアップさせます。たとえば、銀と銅を同じくらい使用すると、一番馴染みのあるイエローゴールドになり、銅の分量が多いとピンクゴールド、パラジウムを使用することでホワイトゴールドといったそれぞれ異なる色になります。

海外では1000分率で表記をするため、K18=75%、すなわち750/1000ということで750と刻印がされています。ちなみに18Kの刻印は日本以外のアジア各国で作られたジュエリーに多く使われ、通称アトKと呼ばれます。これらの場合は通常のK18に比べて、金の含有量が75%に満たないものが多くみられます。

14金(K14)

14金

18金(K18)が75%の含有量の場合、14金(K14)の金の含有量は58.5%になります。そのため刻印は「K14」か「585」になります。18金に比べると値段も手頃で購入しやすいうえに、半分以上は金でできているため、金としての美しさや光沢を損なうことはありません。

丈夫で傷がつきにくいことが魅力で、リゾート感が溢れるハワイアンジュエリーでの使用が多くみられます。またK18と同様にパラジウムを割金にした14金ホワイトゴールド(K14WG)も多く存在します。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールド

第一次世界大戦中にロシアからプラチナの輸入が途絶えたことが原因で、もともと金色だった金に加えてヨーロッパでホワイトゴールドが誕生しました。

K18WGの場合、75%の純金にニッケルやパラジウムといった白系(銀系)の金属25%を混ぜることでホワイトゴールドに仕上げます。そのままだとやや黄味おびているため、ロジウムでメッキ加工を施すことでさらに明るさをアップさせます。

メッキといっても地金がホワイトゴールドであることに変わりがないため、あくまで表面の輝きを増すために行う加工です。
使用している際にぶつけたり傷つけてしまうことで加工が剥がれた場合は、再加工することで元通りにすることができます。最近では技術も向上してきたため、以前に比べると表面の耐久性もたいぶ向上しました。

プラチナ品位の見方

刻印品位詳細
プラチナインゴット純度99.95%以上の品位 (Ptインゴット)PLATINUM 999.5、Pt99.95などの刻印
東京商品取引所で受け渡し供用品と指定されている
公式国際ブランド、グッドデリバリバーのインゴット
Pt1000純度99.9%の品位 (プラチナ1000)Pt1000、Pm1000などの刻印のある製品
カットリングなど
Pt950純度95.0%の品位 (プラチナ950)Pt950、950などの刻印のある製品
一般的な白金。アクセサリー
Pt900純度90.0%の品位 (プラチナ900)Pt900、Pm900、900などの刻印のある製品
一般的な白金。アクセサリー
Pt850純度85.0%の品位 (プラチナ850)Pt850、Pm850、850などの刻印のある製品
チェーンやパーツに多い。一般的な白金。
Pt/Pm純度が明記されていない白金Pt、Pmなどの刻印のある製品
一般的な白金。

金・プラチナコンビ品位の見方

刻印品位詳細
Pt900/K18Ptメイン (プラチナ900/18金 プラチナメイン)Pt900とK18の2つの刻印があり、Pt900が約90%以上の製品 ※当社規定
一般的なリングなどのアクセサリー
Pt900/K18半々 (プラチナ900/18金 半々)Pt900とK18の2つの刻印があり、両方が約50%ずつの製品 ※当社規定
一般的なリングなどのアクセサリー
Pt900/K18Kメイン (プラチナ900/18金 金メイン)Pt900とK18の2つの刻印があり、K18が約90%以上の製品 ※当社規定
一般的なリングなどのアクセサリー
Pt850/K18Ptメイン (プラチナ850/18金 プラチナメイン)Pt850とK18の2つの刻印があり、Pt850が約90%以上の製品 ※当社規定
一般的なリングなどのアクセサリー
Pt850/K18半々 (プラチナ850/18金 半々)Pt850とK18の2つの刻印があり、両方が約50%ずつの製品 ※当社規定
一般的なリングなどのアクセサリー
Pt850/K18Kメイン (プラチナ850/18金 金メイン)Pt850とK18の2つの刻印があり、K18が約90%以上の製品 ※当社規定
一般的なリングなどのアクセサリー

銀品位の見方

刻印品位詳細
Sv1000/純銀純度100.0%の品位SV1000、SILVER1000、純銀などの刻印のある製品
盃、小判、メダル、トロフィーなど
Sv925/シルバー925純度92.5%の品位SV925、SILVER925、などの刻印のある製品
盃、小判、メダル、トロフィー、一般的な銀製品など

買取価格が安くなってしまうお品物

金の買取価格が安くなってしまうものとして、いわゆる「アトK」の品物がございます。

通常日本国内で販売されている品物は、K24、K18など金品位を示す数値の前に、「K」が入りますが、「K」が金品位を示す数値の後ろに付くものは「アトK」と呼ばれ、日本国内で販売されているものと違い、金の含有量が低い可能性がございます。18K、14Kなどの刻印があるお品物についてはご注意ください。

買取福助では、試金石、比重計、蛍光X線分析装置などを使い、金品位を測定いたしますが、お品物の形状によっては、お買取りが出来ないお品物もございますので予めご了承ください。

金メッキ製品の刻印

GP、GEP、GFなどの刻印がある製品は、金メッキ製品です。
『K18 3M』などの刻印があるものも、3ミクロンの薄い金を張ったメッキ製品となります。
刻印が読みづらい品物や、メッキか金製品か分からないお品物でも、店頭へお持ち込みただければ、熟練の鑑定士が1点づつしっかり鑑定いたします。
査定は無料ですのでお気軽にお持ち込みください。

金メッキの見分け方

昨今の金買取価格上昇に伴い、深刻な問題になっているのは偽物の増加です。ブランド品にも偽物があるように貴金属にも偽物が存在します。

もともとは貴金属の比重を計測することで、真贋を導きだしていましたが、最近では「タングステン」という貴金属と同じ比重を持つ偽物も横行し、日に日に巧妙なものになっていきているため注意が必要です。
こちらでは真贋をチェックできる基本的な項目をご紹介いたします。ご自身のお品物で気になる点がございましたら、ぜひ参考にしてください。

金製品に入った刻印を確認する

金製品には金の品位を表す刻印がされています。この刻印がされていない場合は、金製品ではない可能性が高くなります。代表的なものだと「K24」「K18」「750」「K14」「K10」といったものです。これらの刻印があっても偽物の可能性もありますし、逆に刻印がなくても本物であることもあります。

直接触れる

金は熱伝導が高い性質を持っています。そのため最初は冷たく感じてもすぐに手の体温が金に伝わります。金でない場合は冷たいままの時間が比較的長く感じるため、ひとつの判断材料になります。

磁石を当てて反応を見る

本来であればプラチナ、ゴールド、シルバーといった貴金属は磁石に反応はしません。偽物の場合、金の代わりにメッキが使用されることが多く、品物が磁石に反応した場合はメッキ製品である可能性が高くなります。また偽物のよく使われるニッケルも反応します。留め具に反応することがあるため、チェーンや本体部分でお試しください。

比重の割合で計測する

金は比重を計測することで、真贋や品位を導くことができます。
比重=空気中の重量÷(空気中の重量-水中の重量)
多くの場合、この比重を持って調べることが可能ですが、巧妙に作られた偽物は比重がぴったり一致することがあるため、これだけで判断をすることが難しいことがあります。

試金石や硝酸を使う

鑑定には試金石検査と呼ばれる方法があり、この方法は江戸時代から使用されています。これには那智黒石と呼ばれる黒く平たい試金石を使います。

ほんの少しだけ品物の一部を試金石に擦りつけ、そこに硝酸を垂らします。金、プラチナであれば、硝酸に溶けず、偽物だった場合はメッキが反応をして緑色の泡となり消えてしまいます。
純金の場合は何の反応もありませんが、K18やK14の場合は、割金部分が反応するため、煙が発生し、金が残ります。
ただし硝酸は取扱に注意が必要なため、ご自宅での使用はお勧めしません。

金・貴金属買取 TOPページへ

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up