金の価値・希少性

金買取・プラチナ買取価格日本一に挑戦!

金に価値がある理由

見た目の美しさ

まず誰が見ても金の強い美しさは一目瞭然です。いつの時代にも美しいものには、人々を魅了する力が備わっています。金が放つその眩い輝きは、古代の偉人にも華やかな装飾品としても愛され、また人々の暮らしに潤いと満足感を与えてきたことは、長い歴史が立証しています。

金の希少性

長い歴史を振り返り、現在までに発掘された金の総量は約166,600トンと言われています。これは50mのオリンピックプールの大きさに例えた場合、約3.5杯分というのは非常に有名な話です。また推測によると、まだ掘り起こされていない残りの金の量は、プール約1杯分と言われています。世界中の金を集めてもこれだけの量しかないとした場合、今後もその価値が上昇する可能性は極めて高いと言えるでしょう。

金そのものに価値がある

金はそのものに価値があります。紙幣や債券の場合は、国の破綻や経済状況に伴い、その価値を失うことがありますが、金の場合は、そのものの価値がゼロになるという可能性は極めて低いと考えられています。

換金性の高さ

金は世界中のいたるところで価値があるため、非常に換金性が高く、どこでも売却することができます。不動産、車、美術品等は売却する際に時間を要することがありますが、金であれば手間をかけることなく即現金にすることができます。

持ち運びやすさ

純金のインゴットバーであれば、持ち運びもしやすく管理するうえで比較的手間がかかりません。実際に同じだけの価値の現金と量と比べた場合、その差は一目瞭然です。また紙幣に比べて、火災や水害といったアクシデントのも強いという大変心強いメリットがあります。

劣化しにくい

金は熱、湿気による腐食に強く、また酸にも強く錆びに強いという性質を持っています。そのため劣化がしにくく、長期的な美しさが保たれるという保証がされています。

素材としての扱いやすさ

金は丈夫なうえに柔らかく、非常に加工がしやすいという性質を持っています。我々にとっては、リング、ネックレス、ブレスレット、ピアスといった装飾用のアクセサリー類が馴染み深いかと思います。アクセサリーで使われる金は、ベースになる純金と混ぜ併せる他の割金の分量で、輝き、質感、強度、色が調整されます。色だけでもイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなど幅広いテイストの選択肢があることが大きな魅力です。
そのほかにも通電性が高いという性質を持ち、精密機械の部品としても最適な素材として知られています。我々が普段から使っているコンピューターや携帯電話にも工業用として金が使用されています。

金買取TOPページへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル