版画の査定相場・買取価格

版画の査定相場・買取価格

版画・リトグラフの高価買取なら、買取福助にお任せください。
創業から64年に及ぶ信頼と多数の実績をもとに、銅版画、木版画、リトグラフ(石版画)、シルクスクリーンなどを鑑定歴20年以上の相場を熟知した鑑定士が無料で査定いたします。

  • 版画・リトグラフ買取の専門業者『買取福助』は創業から64年、豊富な買取実績
  • 版画・リトグラフの査定は無料、作家や価値のわからない作品も鑑定士が誠実査定
  • 選べる3つの買取方法、店舗での買取以外に出張・宅配での買取も可能
  • 東京都内(大田区・港区・品川区・目黒区・渋谷区・世田谷区)限定!無料出張

版画・リトグラフ買取実績・価格相場

リトグラフ


  • 放浪の天才画家 山下清のリトグラフ【富田林の花火】
    買取価格
    10,000円

  • 元永定正 直筆サイン入りリトグラフ「あかしろくろ」限定170部
    買取価格
    12,000円

  • 上村松篁「春苑」直筆サイン入り額装リトグラフ 限定150部
    買取価格
    6,000円

  • マルク・シャガール「エルサレムウィンドウ」
    買取価格
    5,000円

  • パブロ・ピカソ「想像の中の肖像 69.3.27 IV」
    買取価格
    120,000円

  • ベルナール・ビュッフェ『アルバム サンフランシスコNo.6』額装リトグラフ
    買取価格
    100,000円

  • 小山敬三「紅浅間」200部限定 鉛筆サイン入り
    買取価格
    12,000円

  • 荻須高徳「クーヴァン」 鉛筆サイン有
    買取価格
    48,000円
もっと見る

  • 石踊達哉「しだれ桜」リトグラフ
    買取価格
    10,000円

  • ジャック・デペルト「Le canal」石版画
    買取価格
    3,000円

  • モディリアーニ「おさげ髪の少女」
    買取価格
    11,000円

  • ベルナール・ビュッフェのリトグラフ「マリー橋」
    買取価格
    20,000円

  • 山下清「長岡の花火」リトグラフ
    買取価格
    35,000円

  • 永島慎二『ピエロ』
    買取価格
    3,000円

  • ポール・アイズピリ『小さな鳥の花瓶』
    買取価格
    10,000円

  • 藤城清治「夢が飛ぶ」
    買取価格
    18,000円

  • ディズニーシーOPEN記念・ピーター・エレンショウ「アリエルズ・マーメイドラグーン」
    買取価格
    75,000円

  • 中島千波の版画『臥龍櫻爛漫』
    買取価格
    100,000円

  • サルバドール・ダリ「ドン・キホーテ」
    買取価格
    18,000円

  • ヘンリーミラーの色彩石版画『行列』
    買取価格
    8,000円

  • ベルナール・ビュッフェの風景画
    買取価格
    35,000円

  • ベルナールシャロワ作『白いブラウスの少女』
    買取価格
    4,000円

木版画


  • 木版画 井堂雅夫作「白沙村荘」
    買取価格
    6,000円

  • 滝平二郎「少女」
    買取価格
    5,000円

  • テッド・コーリア「SOUTH SHORE」
    買取価格
    5,000円

  • 竹久夢二の木版画「紀伊国屋」
    買取価格
    15,000円
もっと見る

  • 井堂雅夫作「狼森と岩手山」
    買取価格
    25,000円

  • 藤田不美夫 木版画「白樺」
    買取価格
    5,000円

  • 水船六洲『朱門』
    買取価格
    11,000円

  • 中島潔『ゆらめき』京都版画院製木版画
    買取価格
    17,000円

シルクスクリーン


  • シルクスクリーン 元永定正作 200部限定抽象画
    買取価格
    10,000円

  • ピエト・モンドリアン「コンポジション」
    買取価格
    13,000円

  • ヒロヤマガタ「プロポーズ」
    買取価格
    16,000円

  • 靉嘔作「花」
    買取価格
    10,000円

ジクレー


  • クリスチャン・ラッセン作『エンシャントミステリー』ミクストメディア
    買取価格
    45,000円

  • ジクレー版画 平凡・陳淑芬「艶麗」
    買取価格
    36,000円

  • ジークレー版画 KAGAYA「パッセージ」 直筆サイン入り
    買取価格
    30,000円

  • ジークレー版画 丹野忍作「鬼燐」
    買取価格
    8,000円
もっと見る

  • ジクレー版画 平凡・陳淑芬「午後のバス停」
    買取価格
    40,000円

  • 安野光雅の風景版画(ジクレー)
    買取価格
    80,000円

  • ドン・マクマイケル「Sunrise Celebration」
    買取価格
    12,000円

銅版画


  • 手彩色エッチング 山本容子「秋の恋人in青山」
    買取価格
    25,000円

  • 銅版画 エミリオ・グレコ『受胎告知』
    買取価格
    6,000円

版画査定のポイント

ジャンルに関わらず、有名な作家の作品は、高い骨董価値があります。そのため、版画買取をする場合は、鑑定士による真贋の鑑定を行います。鑑定とは、その作家の絵が偽物か本物かを見分けることです。

エディションナンバー

作者本人のサインはもちろん、版画には、通常番号としてアラビア数字とローマ数字の、エディション・ナンバー(番号)がつけられています。例えば、121/200などの記載があれば、200枚作成されたうちの121番目ということになります。

他にも、部外番号(EA版、AP版等)がありますが、こちらは、作家が制作記念などで関係者や知人などに贈呈するために、作品につけられた整理番号です。また、HC版は「非売品」の作品であるということを表しています。

「退色や汚れなど」がないかチェック!

日本画・西洋画と同様に、版画に関してもシミ、汚れ、焼け、退色等があるかないかで、買取査定が左右されます。

その他のポイントとして、版画の技法、作品のテーマやモチーフ、サイズ、作家の署名の有無、いつ頃かかれたものか(制作年代)、作品の仕上がり(凡作か傑作か)、版画の発行枚数、箱の有無などで、査定価格が決まります。

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、版画・リトグラフを誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
版画・リトグラフの査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

出張買取対応地域

出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

版画・リトグラフ買取について

版画は、彫刻や細工を施した版にインクを塗布し、紙に写し取るという技法で作られた作品をさします。版画は製作方法によって、凸版画、凹版画、平版画、孔版画という4つのジャンルに分類することができます。凸版画は、木材やゴム、リノリウムの版の凸部分にのみローラーなどでインクを塗布し、紙にインクを写し取る製作方法で作られた版画です。このうち、木材を彫刻刀で削ったものを木版画といい、江戸時代には東洲斎写楽や葛飾北斎、喜多川歌麿らがこの技法で版画を製作しました。ちなみに、棟方志功は木版画を「板画」という独自の呼び方であらわしていました。これとは反対に、凹部分にインクを残すように製作するのがルネサンス期以降の西洋で広く用いられていた凹版画です。版は銅がよく使われています。凹部分の作り方は、版に刻んでいくのを直接法、酸などの薬品を使って侵食させる技法を間接法といい、作品に合わせてこれらを複合的に用いることもあります。平板画は、リトグラフという名称でも知られています。水と油が互いにはじきあう性質を利用したもので、ロートレックがポスターを描く方法として採用していたことが有名です。孔版画は、名称の通りインクの通過する穴をあけて写し取る技法です。ステンシルとシルクスクリーンが、よく知られています。これらの版画のうち、版画作家が直接携わったものがオリジナル版画と呼ばれます。オリジナル版画の定義は、日本現代版画画商共同組合によってさまざまな定義がなされています。オリジナル版画は版画を製作する目的で作家が下絵を描き、いずれかに製版したものでなくてはならず、作家自身もしくは作家の指示の下で職人が刷ったものでなくてはなりません。エディションNo.や署名が入っているもの、限定部数を刷った後に原版が処分されているものがオリジナル版画として認められています。一方で、原作画家や管理者の許諾の下、第三者が製作した版画はエスタンプと呼ばれています。エスタンプは複製ではありますが、時にオリジナル版画以上の高値がつくこともあります。

リトグラフは平版画という版画の一種です。製作の工程は、孔版画や凹版画、凸版画といったほかの版画よりも複雑で描画、製版、刷りという3つのステップを経て製作されます。水と油の反発作用を用いるその作り方は、18世紀のヨーロッパで偶然発見されました。線の力強さや、クレヨン、インクといったさまざまな画材のテクスチャーを忠実に再現できることから、美術品として人気を集めています。ちなみに日本で初めてリトグラフをあらわしたのは、写真家の下岡蓮杖といわれています。1868年に「徳川家康像」という石版画を発行しました。リトグラフを活用した著名な作家にはオノレ・ドーミエ、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、ピエール・ボナール、マルク・シャガールなどがいます。ドーミエは風刺画家で、ロートレックやゴッホに影響を与えた人物です。また、ボナールはポスト印象派とモダンアートのはざまに位置する画家として知られています。ロートレックは、ポスターを描く際、当時としては新しく斬新なリトグラフの技法を好んで用いていました。彼ら以外にもきらびやかで細密な筆致が特徴のアルフォンス・ミュシャ、「叫び」や「不安」、「マドンナ」といった代表作をもつノルウェーの国民的画家であるエドヴァウド・ムンク、トリッキーなだまし絵で見る者を翻弄するマウリッツ・コルネリス・エッシャー、多作家としても有名なパブロ・ピカソ、米国の日常風景を切り取った作品を描き続けたノーマン・ロックウェルらも、リトグラフを活用した作家の一人です。日本人では、明治時代の画家である石井鼎湖や山本芳翠、初の洋画家とされている高橋由一、美しい女性像を得意とした岡田三郎助などがリトグラフの活用画家として挙げられます。また、水墨の抽象画で独自のスタイルを確立した篠田桃紅、昭和を代表する国民的画家である東山魁夷らのリトグラフも、数多く発表されています。

版画の関連記事

版画のエディションナンバー(限定部数 )E.A.やA/Pについて

版画エディションナンバーの基礎知識 版画は、一度に複数の作品を制作できる絵画作品です。複数の作品が...

この記事を読む

版画の代表的な種類や技法を解説

版画について 「版画」ときくと、純粋な絵画作品の種類として考えていいのか、少し迷うかもしれません。...

この記事を読む

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up