ルビーの産地やグレード、石言葉について

ルビーの概要(産地やグレード、石言葉について)

7月の誕生石として親しまれているルビー。赤く燃えさかるような深い色を持つ宝石です。ルビーの語源はラテン語で赤を指すルベウスから来ています。古代から『燃える石炭』の異名を持つのもよくわかります。

古代ギリシャやローマでも愛されていたルビーは宝石の歴史とともに歩んできたといえる神秘性と希少性があります。
その燃えるような赤色から古代人は、人間の情熱を愛情をルビーに寄せていました。とくにルビーの産地であるインドでは、ルビーを身につけるのはもちろん、粉末にして飲めば太陽のような自信を得ることができると信じられていました。

日本では『紅玉』という名で愛されてきたルビーは、情熱的な恋愛を象徴する宝石として現代でも身につける人が後を絶ちません。恋人のプレゼントや夫婦の記念日でも真っ赤なルビーは大変好まれています。

ルビーの産地


現在、ルビーの産地として知られているのはミャンマーやスリランカ、タイとった南アジアのほか、タンザニアやケニアのようなアフリカでも産出されます。世界を代表するルビーの産地と言えばミャンマーです。最高品質の鉱石が多く採掘できるため人気が高くなっています。なかでもモゴク渓谷とモン・シューから採掘されるルビーはクオリティーも産出量も多いため国にとっても重要な意味を占めています。

ミャンマーが世界的産地となったのには採掘技術の向上も手伝って鉱山の地層が移り変わったからです。以前は沖積鉱床からしか産出をしていませんでしたが、鉱床に囚われることなく大理石のある山地全体を採掘対象として広げることになりました。

ミャンマー以外では地理的に距離の近いスリランカもルビー産地として有名です。また、アフリカ方面では近年、新たにマダガスカルに鉱山が発見されて順調に産出が進んでいます。

かつてルビーの産地として大きな役割を持っていたタイは鉱床の涸渇によって産出は終わりましたが、世界全体のルビーの取引がタイを通して行われているため現代でもその影響は計り知れません。

ルビーの性質


とにかく硬度が高く、ダイヤモンドの次に硬い宝石として知られています。モース硬度という専門的な硬さのランク付けからすると、ダイヤモンドが10に対してルビーは9となっています。ルビーは一度加工すれば変型や大きなキズが付きにくい宝石のため割れにも強いのがメリットです。

ルビーのトリビア知識としてよく挙げられるのが、実はサファイアと同じ鉱物だという話です。サファイアといえば青みを帯びた宝石で燃えるような赤のルビーとは似ても似つかぬ色をしています。ただ、色が違うだけで石の成分から分類するとどちらもコランダムという鉱物です。

本来、無色透明であるのがコランダムの特徴です。そこにどれぐらいの不純物が混じるかでカラーが変化します。ルビーの場合はクロムという成分が1%ほど含まれるとあの赤が発色します。0.1%以下ではルビーのカテゴリからは外れてピンクサファイアと分類されます。また、鉄やチタンが不純物に入ると、不思議なことにサファイアのあの青が発色するのです。このように、不純物のわずかな含有量によって宝石のカラーが大きく変化するのも科学から捉えたルビーの神秘的なポイントです。

ルビーの特徴の一つに希少性があります。なんと宝石の王様とされるダイヤモンドより貴重とされることもあります。ダイヤモンドは産地や鉱山数も世界的に点在していますが、ルビーは限られた鉱山のみ採掘が可能だからです。

ルビーを代表する石の特色として「シルク」によって生み出されるう美しい光の輝きがあります。「シルク」とはわずかなルチルインクルージョンのことで、とくいミャンマーやスリランカから産出されるルビーによく見られます。絵の具をパッとブラッシングしたような細やかな輝きが現れます。

また、光の反射によって二筋以上のラインが浮かび上がるアテリズムもルビーの美しさを考えるのに大きなポイントです。ルビーに個体によって現れるスター効果で、中心から外側に向かって数本の筋が広がるように光が放出されます。同じコランダムという鉱物であるサファイアとルビーに見られる珍しいものです。

ルビーの石言葉など


ルビーの宝石言葉は情熱や恋愛、生命力、ロマンス、感受性などです。とくに深紅の神秘なきらめきから情愛やセクシャリティと結びつけられていた時代も長くありました。

恋人同士の愛の証として、夫婦の永遠の愛を確かなものにするため、古くからルビーにそれぞれのロマンスへの想いを込めて贈り合ってきました。

神秘的で品位あふれるその美しい輝きから、人間が本来持つエレガントで上品な感性を引き出す宝石としても親しまれてきました。普段から身につけることでルビーの持つエネルギッシュなパワーを得ることができるだけでなく、洗練された大人の空気も生み出すことができると信じられています。

ルビーの保存方法や注意点


硬度のすぐれたルビーは多少の摩擦や衝撃でも大きなクラックやキズが入ることは少ないと言われています。また、水や紫外線といった刺激にも強いので日常生活でも気軽に身につけることができます。ただし、直射日光を長い時間浴び続けると内部の成分が化学変化を起こして色が変わったり褪せたりするので要注意です。

ルビーの価値(グレード)について


ルビーの査定でまず大切なのはカラーの発色と美しさです。とくに赤みが深く鮮やかで透明度が高いものほどクラスが高く取引されています。ミャンマー産の最高クラスとされるビジョン・ブラッドやタイ産のなかでもとくに透明度が高いビーフ・ブラッドといった鮮血のようなカラーを目安に考えると良いでしょう。

また、ルビーの特徴であるインクルージョンの出方もルビーの価値を左右するポイントです。そこに光が入ったときの輝きが加えられてルビーは総合的にその価値が査定されます。

ルビー買取 TOPページへ

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up