絵画買取なら東京の福助

絵画買取

絵画買取なら、福助にお任せください。
創業から64年に及ぶ信頼と多数の実績をもとに、油絵・西洋画・現代アートなど、画家や価値の分からない作品でも絵画買取歴20年以上、相場を熟知した鑑定士が無料で査定いたします。
店頭での買取以外にも、東京都内(大田区・港区・品川区・目黒区・渋谷区・世田谷区)限定!無料出張にも対応しております。

絵画の買取品目一覧

こんな
お悩みございませんか?

  • 数十年前に購入した絵画の価値を査定・鑑定してほしい
  • 故人から相続した絵画を買い取ってほしい
  • 家財整理のため大きな絵画を処分したいが、高齢で片付けや搬出ができない
  • 飾っていない不要な絵画を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない
  • バブル期に画廊で購入した油画の買取価格を知りたい

ご安心ください!
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

  • 現代アート
  • テンペラ
  • 水墨画
  • パステル
  • スケッチ
  • パステル画
  • 切り絵
  • コラージュ
  • ペン画
  • 抽象画
  • 風景画
  • 静物画
  • 人物画
  • 肖像画
  • 自画像
  • 宗教画

絵画の買取価格

油画・現代アートなど福助でお買い取りした絵画の買取価格をご紹介

油画の買取価格

油絵(油彩画)は、顔料と油成分から作られた絵の具で、塗り重ねることで重厚な質感と多彩な表現力ができる描画技法です。洋画のメインともいえる技法で、古来から様々な画家が多くの表現法や手法を作り出してきました。


  • 東京都港区
    田村能里子・パステル画
    買取価格
    100,000円

  • 東京都目黒区
    白髪一雄・具体抽象画
    買取価格
    2,000,000円

  • 東京都大田区
    マナブ間部作 油彩抽象画
    買取価格
    180,000円

  • 東京都品川区
    ポール・アンビーユ「a la cravache」
    買取価格
    48,000円

  • 東京都目黒区
    鎮西直秀「海辺の町 銚子夕景」
    買取価格
    38,000円

  • 東京都港区
    寺島龍一作 アンチーブ(南佛)
    買取価格
    28,000円

  • 東京都目黒区
    日展評議員 桐生照子作 『トレド』
    買取価格
    20,000円

  • 東京都大田区
    【文化功労者】田村孝之介作「人形」4号
    買取価格
    30,000円

  • 東京都目黒区
    油彩西洋画 エミール・バーノン『蝶』
    買取価格
    130,000円

  • 東京都大田区
    川嶋陽介「満月と4つのマンゴスチン」
    買取価格
    75,000円

  • 東京都目黒区
    黒澤信男「久万盛夏」油彩 F6号
    買取価格
    18,000円

  • 東京都世田谷区
    陳永森 妙義秋色
    買取価格
    50,000円

  • 東京都目黒区
    鎮西直秀「瑞彩 薬師寺朝明」
    買取価格
    50,000円

  • 東京都大田区
    永島慎二「妄想」サムホール
    買取価格
    30,000円

  • 東京都港区
    樋口洋作『小樽雪舞う』
    買取価格
    65,000円

  • 東京都目黒区
    大野勝博「トルコ イスタンブール」風景画
    買取価格
    18,000円
もっと見る

  • 東京都港区
    平沢喜之助「赤富士」
    買取価格
    12,000円

  • 東京都目黒区
    高橋武生「裸婦」F6号
    買取価格
    10,000円

  • 東京都大田区
    中村徳次郎『伊豆・石廊崎風景』額装
    買取価格
    5,000円

  • 東京都港区
    尾身周三「会津の民家」
    買取価格
    8,000円

  • 東京都世田谷区
    二元会会員・平井和夫「ヨットのある風景(レマン湖)」F12号
    買取価格
    12,000円

  • 東京都港区
    矢橋六郎作『山脈 湖畔』
    買取価格
    80,000円

  • 東京都目黒区
    大野五郎作の風景画
    買取価格
    20,000円

  • 東京都港区
    龍駿介作 春の聖峰 富士山
    買取価格
    13,000円

  • 東京都大田区
    二紀会同人・浜口美和作 『憩』SMサイズ
    買取価格
    5,000円

  • 東京都目黒区
    矢橋六郎の風景画 40号大作
    買取価格
    100,000円

その他の絵画の買取価格


  • 東京都港区
    ペルシャ細密画「翼のある天使」ミニアチュール
    買取価格
    40,000円

  • 東京都世田谷区
    いけ花作家 中川幸夫の「闡 (ひらく)」
    買取価格
    120,000円

  • 東京都目黒区
    山内一生 『杜若』小原和紙
    買取価格
    70,000円

  • 東京都世田谷区
    刺繍獅子図 六曲片双屏風
    買取価格
    50,000円

絵画の買取実績・査定相場のご紹介

【絵画】ミッシェル・アンリ「優しいコクリコ」油彩西洋画 45,000

店頭買取:東京都世田谷区
見ているだけで気持ちが明るくなるような作品から、フランスの美術評論家はミッシェル・アンリを「幸福の画家」と呼び、アメリカでは花の中でも特にコクリコをたびたび描いたところから、「コクリコの王様」とも呼ばれています。
今回お買取した絵画も、ミシェル・アンリらしいコクリコを描いた油彩画です。目を引く赤のバックに、咲き乱れる赤いコクリコの花を入れた花器を中心に据えた、王道スタイル。奇をてらわず「コクリコの王様」らしい、華やかさあふれる作品です。
2016年12月25日に惜しまれつつも生涯をまっとうしましたが、亡くなった後も作品に対する評価は変わらず、とくに日本国内では引き続き高い人気があります。
ミッシェル・アンリなど海外画家が描いた油彩画の査定・鑑定なら買取福助にご相談ください。

【絵画】朝比奈マリア「サッカーボーイ」 30,000

出張買取:東京都大田区
朝比奈マリアは、昭和を代表する歌手、雪村いづみの娘です。
母親の雪村いづみの影響で、次第に油彩画に興味を持つようになり、1987年には二科展でも入選するなど、次第に画家としての才能を伸ばしていきました。
1992年に二科会のメンバーである原良次(はらりょうじ)に師事。現在では、馬をモチーフとした油彩画を描く画家として知られています。
こちらの作品は、依頼者の亡くなられたお父様がバブル期に画廊で購入された作品で、遺品整理で見つかりました。
大切に保管されていたため、キャンバス・額ともに保存状態も良かったため納得いただける査定額でお買い取りいたしました。

【絵画】樋口洋作『北の教会』 P12号 一枚の繪 100,000

出張買取:東京都品川区
樋口洋(ひぐちひろし)は、日本の洋画家です。
1942年に神奈川県に生まれ、1967年に示現会展初入選。以後は楢原健三(ならはらけんぞう 日本芸術院会員の洋画家)に師事しました。1973年に示現会会員となり、1975年には日展初入選。比較的早い時期から才能を認められ、1987~93年に日展特選に選ばれました。
その業績を評価され、1988~94年は日展無鑑査になり、文化庁選抜展にも出品。日本の洋画家の一翼をになう存在となりました。
その作風は、四季を生かした日本の風景を的確かつ叙情豊かに描いたもので、初春の富士山や信州の夏景色を描いた作品には根強いファンがついています。
こちらのように大きな絵画作品の売却を検討中のお客様には無料の出張買取がおすすめしています。査定だけでもお気軽にご相談ください。

【絵画】佐伯米子『鐘のなる丘』 60,000

出張買取:東京都目黒区
佐伯米子(さえきよねこ)は大正~昭和にかけて活躍した女流洋画家です。
佐伯米子自身の業績に加えて、日本を代表する洋画家・佐伯祐三(さえきゆうぞう)の夫人だったことでも有名です。
夫の佐伯祐三とは、大正10年に結婚。当時、佐伯祐三はまだ学生(東京美術学校)の身でした。翌年には長女が生まれ、大正12年に夫の祐三が美術学校を卒業するのを待って、夫妻は長女を連れてヨーロッパに向かいました。
パリでフォービズムの巨匠ヴラマンクに夫婦で師事し、米子自身は大正14年のサロン・ドートンヌに「アルルの跳ね橋」を出品、入選。
三岸節子らと女流画家協会を創立、また二紀会理事として女流画家の育成につとめました。
買取福助では、油彩画だけでなく、様々な絵画作品をお買い取りしておりますので、作者の分からない絵の鑑定や販売価格の査定など、お困りごとがございましたら気軽にお問い合わせください。
です。

絵画買取相場の決定要因

絵画

絵画をはじめとする美術品の値段を決めることは、とても難しいと言われています。絵画のオークションの落札価格などがニュースで大きく取り上げられることはよくありますが、
「価値があるのはわかるけど、なぜそんなに高値がつくの?」
と感じたことはありませんか?

絵画に詳しくなくても、誰もが一度は耳にしたことがあるゴッホ、ムンク、ゴーギャンといった超有名画家の絵画は、とんでもない高値で取引されます。しかし、絵画の価格というのは、はっきりとは決まっていません。買取相場を決めるのが難しい理由のひとつに、規則性がないとことが挙げられます。

1絵画を描いた画家の知名度

絵画は「誰の作品」であるかが値段を大きく左右します。
教科書に載っているような画家や、美術に詳しくない人でも名前を挙げられるような作家の作品は、小さな作品であっても高額で売買されます。

海外の著名な作家の例を挙げるなら、パブロ・ピカソやアンディ・ウォーホル、ゴッホなど。
国内であれば、平山郁夫、東山魁夷など日本人から親しまれている画家や、棟方志功や藤田嗣治といった世界的に知られた作家の作品が高額で買取されます。

2需要と供給

絵画に限らず美術品やアンティークの取引相場は、一言でいえば「需要」と「供給」のバランスによって決まります。

絵画は、版画や印刷技術を利用した作品でない限り、有名な画家の作品もまだ無名の新人作家が描いた作品も、世界にたった1つしかありません。
その1つの作品を求める人がどれだけいて、さらにどれだけお金を出すのか。その需要の高まりが作品の金銭的な価値を決めます。

3希少価値の高い絵画は価格が高騰しやすい

絵画の価値を決めるもう一つの要素は、希少性です。
希少性が高ければ高いほど、買取価格も高額になる可能性があります。

需要に対して供給が少ないアイテムは、絵画に限らず価格が高騰する傾向にあります。
市場にあまり出回らない絵画には次のようなものが想定されます。

  • 作家の無名時代に創作され、散逸してしまった作品
  • 早逝した作家の作品
  • 作家個人が亡くなるまで自分で所持していた作品
  • 作家が親しい人や知人にのみ贈った作品
  • 限定制作された作品
  • 画家の死後発見された、盗難で長らく所在不明だったなど来歴にドラマがある

作家個人が所蔵していた作品や、親しい人に向けて贈られた作品は、その人たちが亡くなったり手放したりすることで初めて存在が明かされることも珍しくありません。

無名時代につくられた作品や、早逝した作家の手による作品も、広く世間に紹介されたり専門家による研究がなされたりすることで、一気に価格が高騰することもあります。

信頼できる絵画買取り業者を選ぶポイントは?

油画

絵画を売却したいと思い立つと、ネットやチラシで数多くの買取業者の情報が目につくことでしょう。
数多の業者の中には、詐欺のような押し買いをしたり、粗利を法外に大きく確保しようとしたりする悪徳な業者もいます。
そんな業者と出会わないために、信頼できる絵画買取業者を選ぶポイントをまとめました。

  1. 査定経験豊富な鑑定士が在籍
  2. 長年の運営実績
  3. 買取実績豊富
  4. 口コミ評価が高い
  5. LINEなどオンライン査定に対応
  6. 出張買取に対応

1絵画の査定経験豊富な鑑定士が在籍していること

絵画の価値は、専門家でなければなかなか分かりません。査定ができる人材がいない店舗に持ち込むと、高価な絵画でも価値が分からず安く買い取られてしまうことになります。

描かれた手法や画家の知識だけでなく、浮世絵や水墨画に代表される日本画の知識、西洋画においては宗教画などの知識も必要になります。
これらの知識を兼ね備えた鑑定士の力なしに、正確な査定はほぼ無理だといってもよいでしょう。

少しでも高く売るためには、絵画の価値が分かる専門家のいる買取業者を選ぶことが重要です。絵画の査定には、深い知識と経験が必要です。店舗の大きさや規模は関係なく、自分が査定してもらう店舗にプロの絵画査定専門家がいるかどうかを調べて、絵画買取を依頼する候補業者にするかどうかを決めましょう。

2絵画買取店として長年の運営実績

「よさそうな買取業者を見つけたんだけど、口コミがほとんど見当たらないし、公式サイトもないんだよね……」。
このような状況は、決して少なくないと思われます。

しかし、優秀な買取業者を見極めるポイントは、ネット上の情報だけではありません。
最後は、店舗の運営年数から買取業者を評価する方法を見ていきましょう。

店舗の運営年数が長い業者は、良心的な可能性が高い

絵画を扱う仕事というのは、想像以上に難しいものです。開業したはいいものの、あっという間に閉業に追い込まれてしまう業者も少なくありません。

長年経営している業者は、それだけ優秀で信頼性が高いといえるでしょう。お店が長続きする理由はいくつもありますが、多くの優秀な業者に共通しているのは、とにかく良心的であることです。

良心的な業者は、一見さんのお客でも礼儀正しく接します。
たとえ価値の低い絵画であろうと、乱暴に扱うことはありません。

どんなものでも1つ1つ丁寧に査定を行い、その価格がついた理由をしっかりと説明してくれます。
ものによっては、価格の交渉に応じてくれることもあるでしょう。
それでいて、不当に安く買い叩くこともありません。

つまり、鑑定士以前に人間として正しい姿勢でいるからこそ、多くのお客さんの信頼を集められるのです。
その信頼が、長年の経営へとつながっています。買取業者を選ぶ時は、運営年数を調べてみるといいでしょう。

3買取実績が豊富な業者

どんな分野や業界でも実績は重要です。絵画買取業者の業界も同様で、実績の少ない業者よりは絵画の買取実績が豊富な業者の方がより信頼できるといえるでしょう。

  • ウェブサイトに実績の詳細を掲載している
  • ブログなどで実際に買取している様子が分かる

といった業者は、買取実績が可視化されているため、信頼しやすいといえます。

4口コミ評価の高い絵画買取業者を選ぶ

ネット上のクチコミは、買取業者を利用した人たちの率直な感想であり、生の情報です。
「とても高く売れました!」というプラスの情報もあれば、「明らかに相場より安く買われた」というマイナスの情報もあるでしょう。
いずれも依頼先の決定に影響する、重要な情報です。

また、「店主がとてもいい人でした」「品物を乱暴に扱われた」「非常にきれいなお店で好感が持てる」といった、価格以外の情報もあるかもしれません。

大切な品物を売る以上は、最終的に自分が満足できることが重要ですから、こういった情報も無視できないのです。何気ない感想にも目を向けてみるべきでしょう。

5絵画のオンライン査定やLINE査定に対応している

オンライン査定では、写真を撮って画像データを送るだけで、概算で見積もりを出してもらえます。
LINEを使い慣れている方は、LINE査定だとすごく便利で、営業時間内ならリアルタイムにやり取りも可能です。

画家のサインや落款、額裏の共シールなど作者を特定できる情報は、できる限り鑑定士に伝えましょう。
購入した場所や業者名、購入時の状況、購入価格なども重要です。

6無料出張

大きい絵画の場合は、無料で出張査定に対応してもらえる業者を選びましょう。絵画の見積もりをするためだけに、自分で店頭に持ち込んだり宅配したりすると、絵画にダメージを与える可能性があります。絵画は非常にデリケートですので、現場に来てもらって見積もりを出してもらうと、絵画を傷つける心配もなく確実です。

まとめ:複数の絵画買取業者に相見積もりを頼むこと

絵画を高く売る最後のポイントは、複数の業者に相見積もりを頼むことです。絵画の買取価格は時価ですので、見積もりをする業者によって少しずつ査定結果が異なります。手元にある現物の絵画がどれほどの値打ちなのかを知る相場は、自分で複数の業者に見積もり依頼をしてデータを集めるしかありません。

業者に相見積もりを依頼することで、この絵画買取店に買取を依頼したいと思ったときに、「他の業者だとこれぐらいの価格を提示してもらえた」と交渉することもできます。何の根拠もなく価格交渉しても、素人では限界がありますが、相見積もりを取ることによって、交渉の余地が生まれるのです。

絵画の鑑定について

絵画の真贋を見極め真作であると結論づけるためには、

  • サイン
  • 落款
  • 描かれた画材
  • 紙質
  • 絵そのものの筆致

などを詳細に調べて判定する必要があります。
著名な作家であればあるほど、巧妙な贋作も数多く存在するため、専門の鑑定士や鑑定機関をもうけていることもあります。また、こうした機関への仲介をおこなっている業者もいます。

専門鑑定機関の一例

ピカソの作品鑑定パブロ・ピカソ・オートンフィケーション
ルオージョルジュ・ルオー財団
荻洲高徳レザミ・ド・オギス
熊谷守一東京美術倶楽部鑑定委員会
佐伯祐三東京美術倶楽部鑑定委員会

絵画の鑑定に鑑定料は必要?

作品についての正式な鑑定には、鑑定料がかかります。
鑑定証を発行するような正式な鑑定は有料ですが、買取福助では無料の簡易査定を行っておりますので、
買取価格のお見積り・査定は無料です。査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

鑑定料は業者によって違う

鑑定料は、業者によって違いがあります。
相場としては、

絵画1点につき、3万~6万円

が一般的とされています。
業者の元に持ち込む際には不要ですが、自宅やオフィスに呼んで鑑定を依頼する時には、

  • 交通費
  • 出張料

などが別途かかることもあります。
鑑定依頼は、事前に問い合わせをして見積もりをとっておくといいでしょう。

絵画買取でよくある質問

絵画買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、その回答を紹介しています。

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、絵画を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
絵画の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。
思わぬ物がお宝に! 思わぬ物がお宝に!

出張買取対応地域

下記地域は最短30分で無料出張いたします。

  • 港区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

宅配買取(全国対応)

  • 北海道
  • 青森県
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 和歌山県
  • 奈良県
  • 兵庫県
  • 三重県
  • 岡山県
  • 鳥取県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 香川県
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 熊本県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

絵画買取について

絵画は、美術の世界においてパンチュール(仏語)やペインティングと呼ばれることも。
現在は西洋美術、東洋美術においてさまざまな技法や素材による芸術作品が、油絵具や水彩絵具、クレヨンやパステルという画材、またはスケッチに使われる木炭、鉛筆など、さまざまなもので表現されます。多種多様なのは描く道具だけではありません。紙の上やキャンバス(帆布)、ガラスなどありとあらゆるものに描き出されます。
さらに、近代以降の美術ではドローイングや切り絵、貼り絵(コラージュ)といった前衛的な手法の作品も、絵画の一ジャンルとして扱われることがあります。中国や日本の伝統的な水墨画や、やさしく繊細な雰囲気がインテリアにもぴったりな水彩画、重厚な油彩画は、静物画、人物画、風景画だけでなく博物画や宗教画、歴史画、風俗画、戦争画といったあらゆるジャンルに傑作があります。

絵画の関連記事

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up