釜師大國藤兵衛作有衝釜

東京都世田谷区奥沢のお客様から釜師大國藤兵衛作 肩衝釜を買取りました。

大國藤兵衛は、幕末から大正にかけて活躍した大阪の釜師です。
幕末期にはその釜師としての技術を生かして、徳川家の大砲を鋳造したと伝えられています。
1907年(明治40年)に日英博覧会に出品し、金牌を受賞しました。
その後も素晴らしい作品を発表し、1915年(大正4年)に杉聴両子爵から「柏斉」の号を贈られています。

大國藤兵衛の名を襲名した後継者はその技術を磨くことに余念がなく、代を重ねるごとに茶人の間に名が知れ渡るようになりました。
特に三代目大國藤兵衛のときには「浪速の藤兵衛」と呼ばれ、釜の大家である京都の大西家と並び称されたほどです。
現在は六代目が伝統の技術を守りながら、釜形を研究し現代的な作風を作り上げつつあります。

買取りした大國藤兵衛作・肩衝釜も、侘び寂びを漂わせる趣きがお茶の席に馴染む、見事な作品となっています。

このような釜だけでなく、茶碗、柄杓、茶器、茶杓など茶道具の買取りをお考えでしたら、まずは買取福助にご連絡ください。
茶道具は骨董品であると同時に、我が国の貴重な伝統工芸美術品です。当店の鑑定士が、その価値を正しく査定し買取りいたします。
茶道具一式をお持ちで持ち運びが大変でしたら、出張買取をご利用ください。
詳細はこちらをご覧くださいませ。⇒「出張買取

世田谷区茶道具