額装油彩画 樋口洋作『北の教会』

世田谷区奥沢で額装油彩画 樋口洋作『北の教会』をお買取りしました。

樋口洋(ひぐちひろし)は、日本の洋画家です。
1942年に神奈川県に生まれ、1967年に示現会展初入選。以後は楢原健三(ならはらけんぞう 日本芸術院会員の洋画家)に師事しました。1973年に示現会会員となり、1975年には日展初入選。比較的早い時期から才能を認められ、1987~93年に日展特選に選ばれました。その業績を評価され、1988~94年は日展無鑑査(鑑査なしで日展に出品できる)になり、文化庁選抜展にも出品。日本の洋画家の一翼をになう存在となりました。

その作風は、四季を生かした日本の風景を的確かつ叙情豊かに描いたもので、初春の富士山や信州の夏景色を描いた作品には根強いファンがついています。
しかし、とりわけ高く評価されているのが、雪景色です。
樋口洋は、雪景色の第一人者だと言われるほど、雪を巧みに描く画家。
今回のお品物のような、日本の景色に雪を配して、雪の静寂さや凛とした色合いを表現したものは特に人気が高いモチーフです。ひんやりした空気感はもちろん、雪のぽってりした質感まで白一色を使い分けて描き上げます。
油彩とは思えぬ画面の透明感もあり、見る人の心を雪景色に引き込む作品です。
このお品は額装ずみのサイン入り。12号という室内に飾りやすい大きさも人気の理由です。

額装油彩画 樋口洋作『北の教会』2

世田谷区絵画洋画