ロイヤルアルバート/PROVINCIAL FLOWERS/カップ&ソーサー

新宿区下落合でロイヤルアルバート/PROVINCIAL FLOWERS/カップ&ソーサーをお買取りしました。

今なお”最も英国的な王室御用達のテーブルウェア”と呼ばれるロイヤルアルバート。
しかし創立当時はイギリス王室とそれほど深い関わり合いがあったわけではありません。
創業者のトーマス・ワイルドがトーマス ワイルド カンパニーを設立した時、工場にアルバートワークスと名付けました。これはアルバート王子(のちにヨーク公からジョージ6世、エリザベス2世女王の父)に由来したものです。

王室との関係が深まったのは、創業の翌年の1897年にヴィクトリア女王即位60周年記念品を依頼されたことがきっかけです。1904年には”ロイヤル”を名乗ることを許されて、現在のロイヤルアルバートが誕生しました。

ロイヤルアルバートが”最もイギリス的”と呼ばれるのは、デザインに多様なイギリスの花々を取り入れていることも理由でしょう。バラやトリリウム(エンレイソウ)、マドンナリリー、ドッグウッド(ハナミズキ)などイギリスらしい花をたびたびモチーフに取り上げています。

今回のお品物のプロヴィンシャルフラーワーズは、1984年~2001年まで製造されていたシリーズです。プロヴィンシャルフラーワーズは、ロイヤルアルバートのシリーズとしては数があまりなく、人気が高いお品。黒地に鮮やかな花があしらわれ、ふんだんに使われた金彩が高級感を生み出しています。

新宿区ブランド食器