メルリ・フィギュリン

世田谷区成城でメルリ・フィギュリンを買取ました。

フィギュリンとは、陶磁器で作られた人形のことです。陶磁器だけではなく、彫刻や塑像などをふくめてフィギュリンと呼びます。
フィギュアと呼ぶこともありますが、日本でフィギュアと呼ぶとおもちゃを指すことがあるため、ハイブランドの洋食器メーカーなどはフィギュリン(figurine)と称することが多いです。
フィギュリンの多くは陶磁器製でハンドメイドやハンドペイントで製造されています。今回のお品物のようにクラシカルな衣装をまとったフィギュリンが多く、ハンドメイドでなければ細部は製造できないこともあるためです。

フィギュリンの歴史はとても古く、ヨーロッパで磁器製造に成功したマイセンがヨハン・ヨアヒム・ケンドラーに磁器製の動物を依頼したことが出発点です。
磁器に目のなかったアウグスト王が磁器の動物を集めた動物園がほしいと依頼したため、ケンドラーは動物を緻密に観察して磁器製の動物を生み出しました。
ここからフィギュリンが始まり、今ではマイセンはもちろんロイヤルコペンハーゲンやヘレンドといったハイブランドの洋食器メーカーがかわいらしいフィギュリンを製造しています。

今回のお品物は、チェロを手にした貴婦人のフィギュリン。細かいレースの造形や着色、全体のフォルムなど優雅さが香り、小さいながらも存在感のあるお品です。

世田谷区ブランド食器