ガラード・シルバーポリンジャー1

港区南麻布でガラード・シルバーポリンジャーをお買取りしました。

ガラード(House of Garrard)は、ロンドンに本店を持つ世界最古のラグジュアリーブランドのひとつです。イギリス王室御用達ジュエラーで、創業は1735年です。
こちらのブランドは、ジュエリーブランドとしても有名ですが、なんといってもクラウン・ジュエラーとしての役割が非常に重要です。
クラウン・ジュエラーとは、イギリス王室が所有する宝飾品の管理や保全を担当する宝石職人のことです。王室には戴冠用宝飾(クラウン・ジュエル)や王位をあらわす王位戴冠装身具(リゲリア)があり、定期的なメンテナンスが欠かせません。ガラードはイギリス王室の重要なシンボルの制作やメンテナンスを150年もつとめてブランドなのです。

ガラードがクラウン・ジュエラーの称号を受けたのは1843年のこと。当時のヴィクトリア女王から称号を授与され、以来、歴代のイギリス国王の王冠やティアラ制作をしてきました。
クラウン・ジュエラーとしての職務は、他の何よりも優先され、そのときに手掛けている宝飾品デザインを止めることさえあると言います。
高度な技術が必要とされるクラウン・ジュエラーとして、ガラードには他のブランドにはない重責がつねにかかっているのです。

今回のお品物は、ガラードの銀製ポリンジャーです。
ポリンジャー(Porringer)というのは、両サイドにハンドル(持ち手)がついたカップのこと。カドル・カップ(Caudle Cup)と呼ばれることもあり、アンティークのポリンジャーの中には食器としての実用品以外に、装飾品として作られたものもあります。
こちらのポリンジャーはおそらく装飾用でしょう。ハンドル部分に王冠をかぶった金のライオンをあしらった優雅な逸品です。

ガラード・シルバーポリンジャー2

港区純銀