佐伯米子『鐘のなる丘』の買取

佐伯米子作油彩画『鐘のなる丘』

佐伯米子の絵画をお買取りしました。

佐伯米子(さえきよねこ)は大正~昭和にかけて活躍した女流洋画家です。
佐伯米子自身の業績に加えて、日本を代表する洋画家・佐伯祐三(さえきゆうぞう)の夫人だったことでも有名です。

明治36年に東京の裕福な貿易商の子どもとして生まれ、虎の門東京女学館を卒業。画業の初めは、川合玉堂に師事して日本画を学びました。夫の佐伯祐三とは、大正10年に結婚。当時、佐伯祐三はまだ学生(東京美術学校)の身でした。翌年には長女が生まれ、大正12年に夫の祐三が美術学校を卒業するのを待って、夫妻は長女を連れてヨーロッパに向かいました。

パリでフォービズムの巨匠ヴラマンクに夫婦で師事し、米子自身は大正14年のサロン・ドートンヌに「アルルの跳ね橋」を出品、入選しました。
帰国後も精力的に絵を描き続け、昭和2年に家族で再びフランスへ向かいますが、翌年に夫と娘を病で亡くし、傷心のまま帰国。

その後は三岸節子らと女流画家協会を創立、また二紀会理事として女流画家の育成につとめました。

佐伯米子の作風は、静けさと重厚さです。今回のお品物は、青空のもとにたたずむ教会を描いたもの。やや暗めの教会に明るい青空のコンストラストが見事です。情感あふれる作風で夫の佐伯祐三の影響を色濃く残しながら、佐伯米子自身のメランコリックさを際立たせているお品です。

絵画買取ページはこちら

佐伯米子買取・査定方法

買取福助ならご要望に応じて
4つの買取方法が選べます。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 遺品買取

買取の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

鑑定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル