今泉今右衛門作 花模様花瓶

港区港南で今泉今右衛門作 花模様花瓶をお買取りしました。

今泉今右衛門は、鍋島焼のうち色鍋島の名窯です。
鍋島焼は江戸時代の前期に大名家の肥前鍋島家が藩窯で作らせた磁器。透明感のある磁器の肌と精巧華麗な絵付けが特徴で、江戸時代には献上用や大名家どうしの贈答用としてもちいられました。
基本は藍色の呉須で下絵を描きますが、色鍋島の場合は、本焼きしたあとに赤・黄・緑の三色で上絵をつけていきます。

今泉今右衛門は、色鍋島の伝統と品格を受け継ぐ家です。卓越した技術で国の重要無形文化財保持団体の認定を受け、とくに赤絵の技術については家伝来の秘法が代々に伝えられており、現在は14代目が伝統を守っています。
ただ伝統を守るだけではなくつねに新しい技術や視点を導入し、色鍋島の革新性を支えている窯でもあります。

今回のお品物は、今右衛門作の花模様花瓶です。鍋島焼の特徴である、真っ白でつやのある磁器が美しい。白地に赤でくっきりとした花弁を描き出し、ブルーとグリーンをたくみに使った枝葉が、より深みと鮮やかさを演出しています。さらにシャープなフォルムが、より上絵を引き立てます。
ただ美しいというだけでなく、色の使い方を熟知した名人の手になる花模様花瓶。手元に置いて、いつくしみたくなる逸品です。

港区陶磁器