河本礫亭造 染付草花文花瓶

世田谷区赤堤で河本礫亭造 染付草花文花瓶を買取ました。

染付は、白色の素地に酸化コバルトを多く含む絵の具で絵付けした陶磁器、およびその技法をいいます。英語圏では「blue and white」と呼ばれ、名前のとおり、青と白の組み合わせがたいへん優美な印象、各国から人気を集めています。
こちらの染付草花文は、寸分の隙間もなく葉と花が緻密に描かれており、床の間に飾れば、花を活けなくても花瓶ひとつで充分に存在感が出ることと思います。通常は青みが強い染付の図案ですが、こちらの花瓶はエメラルドグリーンを思わせる青緑の独特な色が珍しいお品です。
作者の河本礫亭は明治27年に生まれ、明治、大正、昭和を生きた瀬戸の陶芸家。幼少の頃より家を継ぐ者として陶磁器の技術習得につとめ、大正3年には陶磁器品評会で最優秀賞、大正10年には平和博金賞を受賞しました。
また、焼物研究会や作陶会にも積極的に参画し顧問をつとめるなど、技術保存と研鑽にも余念がありませんでした。
その功績が認められたのは昭和35年のこと。公共事業や公共の利益に貢献した人物に贈られる藍綬褒章を受章したのです。次いで47年には、染付磁器における県指定無形文化財に指定されました。ちなみに、河本礫亭の作品は、人気TV番組「なんでも鑑定団」に出品された経験もあります。出品された際は、絵付けの細密さに賞賛のコメントが寄せられていました。

世田谷区陶磁器