翡翠の蓋付き香炉

東京世田谷区砧で翡翠の蓋付き香炉をお買取させて頂きました。

「翡翠」は非常に長い歴史を持つ宝石です。その歴史は6億年ほど前にまでさかのぼることができると言われており、途方もないほどの長い年月を経てきた石だと考えられています。
「玉(ギョク)」として知られ、昔から大切にされてきた石でもありました。その存在が確認されている中国最古の王朝である殷の時代には、すでにこの翡翠の存在が取り上げられてい

ます。
ちなみに日本でも、縄文時代からすでにこの翡翠を使って作られた勾玉が存在した、とされています。また、日本で最古の歌集である万葉集でもその存在が確認されています。

このように、人間の歴史とともに歩んできた翡翠は、貴人の持ち物にふさわしいとされ、さまざまなシチュエーションで、さまざまなかたちでその生活に取り入れられてきました。今回

買取らせていただいた、東京都世田谷区砧の「翡翠の蓋つき香炉」のように、「香炉の材料」として使われることも珍しくありませんでした。

当時、非常に貴重であった香。その香を、同じように貴重である翡翠の香炉で楽しむとき、かつての貴人たちはどのように感じ、どのように思ったのでしょうか。それを考えるのも楽し

そうですね。

世田谷区骨董品