勲五等双光旭日章

港区南麻布で勲五等双光旭日章を買取ました。

旭日章は、「国家または公益に対して功労がある者」へ与えられる勲章です。海外の要人に対して儀礼的な意味合いで叙勲することもあれば、皇族が自ら叙勲をおこなうこともあります。

位は勲一等から八等まであり、そのデザインには、さまざまな違いがあります。
ちなみに、勲五等双光旭日章は現在、「旭日双光章」と名称が変更されていますが、これらは時代によって名前が変わっただけで同じものです。また名称だけでなく、時代が下るにつれて勲七等、勲八等は廃止され、勲一等は旭日章とは別の「桐花大綬章」としてリニューアルされるなど、創設当初に比べて、運用形式はすこしずつ変化しています。

2003年までは、男性のみに与えられる勲章でしたが、改定以降は男女の別に関わらず功労者へ与えられるようになりました。
白色の部分は七宝で、中央の赤い日章は二酸化セレンを用いたガラスでできており、そのすべてがなめらかな手触りになるよう、念入りに研磨が施されています。写真では、そのつややかな表面をご覧になることができるかと思います。

旭日章は、等によって桐紋の花弁数が異なるなど、こまかな違いがあります。お手元にコレクションして、それらの違いを眺めてみるのも一興ではないでしょうか。

港区勲章・軍服