江戸切子 鼓形花生

渋谷区松濤で須田秀石作 江戸切子 鼓形花生を買取ました。

まるで氷を削り出して作られたような切子は、今や世界に誇る江戸の華。海外からのゲストがこぞって求め、その芸術的な美しさを賞賛しています。
江戸時代のビードロ屋が、ガラス面に金剛砂を使って彫刻を施したのがはじまりとされる江戸切子。そこから時代が下り、明治14年に英国人エマニエル・ホープトマンをガラスカット(切子)の指導者として招待、その技術を学んで確立したのが現在の江戸切子だといいます。大正時代にはカットガラス、工芸ガラスとして親しまれ、昭和60年には東京都伝統工芸品に指定されました。
現在では江戸切子協同組合が発足し、技術の継承と育成、職人や事業所の発展と振興のために力を尽くしています。
江戸切子というと、藍色や深紅の色を思い浮かべる方も多いかと思いますが、無色透明の江戸切子にも、独特の風合いがあります。複雑に光を反射させる職人の技は、美しい清々しさを湛えて見る者を魅了します。また、彩色のある花生(花器)は、時に活ける花の色味や佇まいを限定してしまうこともありますが、無色透明であれば、どんな花も自由に活けることができます。鼓形なので足元がすっきり見えるのもポイント。花生を置いた空間が、一気にはなやぎます。

渋谷区七宝焼・ガラス