九谷焼作家 松本佐一の盃酒器

東京都中央区のお客様より松本佐一作の九谷焼盃酒器をお買取りしました。

松本佐一氏は、九谷焼を手掛ける作家です。1952年に「色絵葉文飾皿」で日展デビューを果たしました。このときの作品は、九谷焼らしさを感じさせるものであり、真新しい緑を使ってはいるものの、「九谷焼であること」を強く感じさせる作品でした。
しかしのちに「九谷焼の革新者」のように評されるその技術や意欲は、このときからすでに、「真新しい緑」というかたちで現れています。

九谷焼というと、金沢金箔を使ったきらびやかなものがよく取り上げられます。これは非常にみやびやかで美しいものですが、松本佐一氏の作品は(少なくとも積極的には)金箔をとりあげていません。また九谷焼は有名な陶器ではありますが、松本佐一氏の作品は「器」だけではなく、陶壁やオブジェなどもあります。
九谷焼に相当親しんでいる人であっても、松本佐一氏の作品を一見しただけでは、九谷焼だとはわからないこともあるでしょう。それほど独創的なのです。

「新しい九谷焼」「独創的な九谷焼」を強く打ち出す彼の活動と作品は非常に面白く、注目を浴びています。

中央区陶磁器