小栗広行作 美濃焼き灰釉ぐい呑

東京都新宿区のお客様より小栗広行作 美濃焼の灰釉ぐい呑をお買取りしました。

美濃焼は岐阜県のあたりでよく作られているものです。
美濃焼のもっとも大きな特徴は、ガラス状に見える仕上がりでしょう。
これは、「施釉」と呼ばれる皇帝で作られるものです。窯のなかで変化を起こした釉薬と、焼き上げの段階で失われる陶器の透水性が織りなす模様の妙は、美濃焼の印象を決定づける非常に特徴的なものです。
もちろんこのような工程をへていないものもあります。美濃焼は非常にバリエーションに富んでいるのです。

美濃焼は、緑や青といった色合いを積極的に器に取り入れます。「緑釉」で作られた焼き物は、特に美濃焼の代表的なものとして知られています。

人によっては、やや無骨な印象を受けることでしょう。ただ、繰り返しになりますが、美濃焼の魅力はそのバリエーションの豊富さにもあります。現在は、まるでガラスのように見える美しく透明感のある焼き物がある一方、土や自然の植物をそのまま写し取ったかのような重厚感のある焼き物もあります。
いずれも見慣れている人が見れば「美濃焼だ」と気付けるかもしれませんが、その表情の豊かさは見事です。

新宿区陶磁器