小栗正男作の鼠志野草文土瓶

東京都新宿区のお客様より小栗正男の鼠志野草文土瓶をお買取りささせていただきました。

「東京都江戸川区のお客様より小栗正男の鼠志野草文汲出椀を買いあげさせていただいた」というところでは、小栗正男氏の略歴や特徴について詳しく述べてきました。今回は、この小栗正男氏によってつくられている作品の解説をしましょう。

今回買いあげさせていただいた鼠志野草文土瓶は、「鼠志野」という技法で作られています。これは「ねずみしの」と読みます。志野焼き(分類方法にもよるが、美濃焼の1つとされることもあるもの。桃山時代にもっとも栄えたもの)に分類される焼き方の1つです。

さまざまなミネラル分を溶かし込んだ泥を使い、白い素材を覆い隠したのち、文様を付けていくかたちで作られます。

出来上がりは、白色~鼠色となります。このような仕上がりになるからこそ、「鼠志野」という名前がつけられたのかもしれませんね。
ややそっけない印象や無骨な印象を持たれることもありますが、「小栗正男の鼠志野草文土瓶」のように、赤色が少し入ると表情がまた大きく変わります。
長く使っていける器であることは確かですから、茶碗と同様手元において、大切に使っていきたい土瓶です。

新宿区陶磁器