大平誠之助作の備前窯変花入

東京都品川区のお客様より大平誠之助作の備前窯変花入をお買取りささせていただきました。

大平誠之助(おおひらせいのすけ)は大正10年生まれの陶芸家。人間国宝である藤原啓の一番弟子としても知られており、助手を5年間つとめました。
今回お買取りをさせていただいたお品物は備前窯変花入です。その名の通り、非常にユニークな形をしており、縁から流れる釉薬が特徴的で豊かな表情をしております。観賞用としても十分な存在感がありますが、花を生けることでまた違った表情を見せる素敵なお品物でした。

目立つような傷や欠けもなく保存状態も良いこと、共箱といった付属品まで揃っていたためお客様にもご納得いただける金額でお買取りをさせていただくことができました。
今回ご依頼をいただいたお客様は、古くからたくさんの骨董を収集するのがご趣味とのことです。最近ではコレクションが増えすぎてしまい、保管場所が手狭になったようです。今回ご不要になったお品物を手放す決意をされて、当店にお声がけいただきました。

他社様とも相見積もりを取られていたようで、今回当店の提示額が一番高かったようです。
ご不要になったお品物でお困りの際は、買取福助までお気軽にご相談ください。

品川区陶磁器