エルメス シェーヌダンクル ブルー プレート

東京都中野区でエルメス シェーヌダンクル ブルー プレートをお買い取りしました。

「エルメス」というと、恐らく多くの人が、「ファssyンアイテム」を思い浮かべることでしょう。
しかしエルメスの魅力はそれだけにはとどまりません。

1837年に創業したエルメスは、現在では「食器」も扱っています。毎年違うテーマを冠して作られるエスメスの食器は、非常に多岐に富んでいます。ちなみに、このように「テーマを冠してつくる食器」の伝統は、1987からです。

「エルメス シェーヌダンクル」では、輪っか同士が手をつなぐように連なっているデザインがよく用いられます。なかなか個性的なデザインで、非常に目を引きます。「料理の器として使いやすいかどうか」については人それぞれで意見が分かれることと思いますが、かなりのオリジナル色を醸し出す皿であることは間違いはありません。

今回は、東京都中野区で、「エルメス シェーヌダンクル ブルー プレート」を買いあげました。ブルーとホワイトで飾られるエルメスの皿であり、共箱もセットになっています。ホワイトとブルーの組み合わせは定番でもありますが、その分、エルメスのシェーヌダンクル「らしさ」をよく感じ取っていただけることでしょう。

中野区ブランド食器