花鳥文古錫茶壷

買取方法:
買取品目:   

港区元麻布で、煎茶道具 花鳥文古錫茶壷をお買取りいたしました。

一般的に茶道と言えばお抹茶を使うものをイメージしますが、日本には「煎茶道(せんちゃどう)」という茶道もあります。これはお煎茶をつかう茶道で、江戸時代中期の高遊外(こうゆうがい)が始めたと言われています。

やがて「清浄な世界」を理想とした煎茶の世界には、南画家(なんがか)の池大雅(いけのたいが)や『雨月物語』の作者である上田秋成(うえだ あきなり)などが参加して煎茶道をたしなむようになり、文人煎茶(ぶんじんせんちゃ)が構築されていきました。

幕末ごろまでは文人などが多く参加していた煎茶道ですが、その後は広く一般に知られて現在では田中鶴翁 (花月庵流) 、小川可進 (可進流)、売茶東牛 (売茶流) などがあり、多数の流派ができました。

煎茶道には独自のお道具があり、お抹茶をつかう茶道とは同じものもあれば、全く違うもの、違う呼び方をするものもあります。また同じお道具でも、煎茶道は流派によって呼び方が異なります。
今回のお品物は、茶壷(ちゃこ)です。流派によっては「ちゃつぼ」とよんだり、「茶心壺(ちゃしんこ)」とよんだりもします。
茶壷は茶葉をしまっておくためのお道具です。煎茶道では、素材として錫製(すずせい)の茶壷が最上のものとされています。

もともとは、煎茶の始まりのころに大陸の明国や清国から伝来した茶壷が錫製だったために、最上と位置付けられたようです。さらに実際に茶壷として使用すると、錫製は茶葉に湿気がうつりにくくするという特性があり、茶葉の品質保持のためにも錫製が好まれています。

今回のお品物は、花鳥模様をほどこした「古錫茶壷」です。「古錫」というのは年月を経て黒みを帯びてきた錫のことです。現在の茶壷は陶磁器製の華やかなものが多いのですが、古錫のように黒みを帯びた茶壷を好む人もいて、好事家には人気の高い煎茶道具のひとつです。

煎茶道具の買取は東京の福助へご依頼ください。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル