乳白ぼかし 赤縁三角紋 アンティーク氷コップ

東京都渋谷区のお客様から、乳白ぼかし 赤縁三角紋 アンティーク氷コップをお買取りしました。

氷コップとは、明治から昭和にかけて氷菓を入れるのに使われていたガラス製のコップです。
氷菓専用のガラス容器ができたのは、だいたい明治の中期~後期にかけてではないかと言われています。氷水屋という職業が明治時代の初めごろに横浜の馬車道で誕生したあと、しばらくは氷コップでない普通のガラス容器を使用していたと考えられています。
このころは氷というと天然氷しかなかったため、氷菓は高価なものでした。庶民のおやつとして簡単に口に入るようになったのは、明治の中期になって人造氷が普及して以降のことです。安価な氷菓ように、明治中期以降から氷コップが一般に広まっていったようです。

安価な氷菓の入れ物とですから、氷コップは雑器として扱われていました。そのため詳しい資料があまり残っておらず、今となってはどんな職人・どんな工房が作っていたのかはまったくわかりません。詳しいことはよくわからないままなのです。

いっぽうアンティークの氷コップは、今回のお品物のように可愛らしさで今なお人気があります。
とくに白く不透明な乳白色の部分を削って模様を作った氷コップは、レトロ感あふれるキッチュさで人気が高い。テーブルウェアとしてはもちろん、女性のアクセサリー入れなどにも使われていますから購入したい人が大勢いるのです。
お手元に、今回のような氷コップがございましたら、ぜひ一度鑑定を受けられるようおすすめします。

渋谷区七宝焼・ガラス