双鯉図七宝花瓶

東京都港区のお客様から、双鯉図七宝花瓶をお買取りしました。

七宝(しっぽう)とは、銅や金・銀の下地に銅線を植線し、ガラス釉薬を焼き付けた工芸品です。
七宝の技術が日本に入ってきたのは、桃山時代の末期だと言われます。すでに七宝技術のあった朝鮮の技術者から平田彦四郎道仁が学んで、日本での七宝制作が始まりました。
とはいえ、当時の七宝は今のようなつややかな七宝とはちがい、泥七宝という光沢のない釉薬を使ったものでした。

江戸時代になって、幕府の七宝師たちが京都の桂離宮中書院の建築金具(ふすまの引き手など)に七宝細工を残していますが、その後は技術が秘密とされ、江戸時代の初期日光東照宮や名古屋城の釘かくし、引手などごく一部に七宝がほどこされただけとなりました。

七宝の技術が一気に前進したのは、江戸時代の末期です。尾張藩士の子供として生まれた梶常吉が、オランダから来た七宝の皿を研究した末に、製法を発見。現在の尾張七宝(有線七宝)の基礎が出来上がりました。

今回のお品物は、釉薬がつややかな七宝の花瓶です。モチーフの双鯉は家内安全・夫婦円満の意味が込められています。
2匹の鯉がぴったりと寄り添うように泳ぐ姿が七宝の技術で表現され、非常に縁起のいい花瓶でもあります。

港区七宝焼・ガラス