Lalique クリスタル置物 【見上げるスズメ】

東京都港区のお客様から、Lalique クリスタル置物【見上げるスズメ】をお買取りしました。

Lalique(ラリック社)はフランスの高級クリスタルブランドです。
ラリック社は、エミール・ガレとともにアールヌーボーの花と呼ばれたルネ・ラリックによって1926年にパリで設立されました。
ラリックはアールヌーボーのデザイナーの中でも、とりわけモダンなセンスの持ち主とうたわれ、当初は華麗なジュエリーのデザインを手掛けていましたが、その後ガラス工芸に転向。アールデコの時代には代表的なガラス工芸家になっていました。

ラリックは、20世紀はじめにフランスのアルザス地方に工場を作り、そこでさまざまな新しい加工技術を生み出しました。
創業者のルネ・ラリックのクラフトマン精神にのっとり、すぐれた職人の育成に努めるとともに、手仕事にこだわった製品づくりを続けてきたのです。
たとえばラリックの向上にはクリスタルと溶かすための道具、るつぼを専門に作る職人がいます。製品の手作りはもちろん、道具にいたるまで今でも濃厚なハンドメイド精神が息づいているのです。

今回のお品物は、ラリック社が最も得意とするつや消しの技術を使った逸品です。
ガラスのつや消しはフロステッド加工あるいはサティナージュと呼ばれるもので、クリスタル表面をあえてつや消しにすることで光が内部にこもり、微妙に屈折して反射します。
愛らしく上を向いたスズメの置物にやわらかな光がやどり、ニュアンスのある陰影をつくりだしています。

港区七宝焼・ガラス