稲葉七宝製 菊図七宝大花瓶

東京都中央区銀座のお客様から、稲葉七宝製 菊図七宝大花瓶をお買取りしました。

七宝とは、金属の上から釉薬を焼き付けて作る金属工芸の一種です。
日本各地で七宝が作られていますが、なかでも京七宝は室町時代からの長い歴史のある伝統工芸。桃山時代から江戸時代の前期にかけて隆盛した琳派(りんぱ)の華やかなデザインに京都の金工や京焼の技術があわさって、独自の進化を遂げたものです。

こうした華やかで繊細な今日七宝の技術は、幕末から明治にかけてさらに磨きがかかりました。ドイツ人科学者のワグネルが透明釉薬を開発したことを受けて舎密局を設立、近代七宝へと大きくシフトして、海外へも多数の京七宝が輸出されていたのです。

京七宝の名店と言えば、稲葉七宝。錦雲軒稲葉七宝商店として明治22年に創業しました。
日本国内では創業以来、芸術性の高さで評価されており、明治33年のパリ万国博覧会に出品した作品で銀盃を受賞しました。
パリ万博の翌年には、ベルギー皇室の御用達に任命されるなど、国外でも非常に高く評価されてきました。
海外の愛好家の間では”稲葉クロワゾネ(Cloisonne=七宝)”と呼ばれたほどなのです。

今回のお品物は、あざやかなグリーンの陶磁器の花瓶に、大小さまざまな菊を七宝の技法で描いた花瓶です。
稲葉七宝らしい、はんなりとした美しさの上に華やかさが匂い立つ作品です。

中央区七宝焼・ガラス