乳白ぼかし アンティーク氷コップ

東京都品川区のお客様から、乳白ぼかし アンティーク氷コップをお買取りしました。

氷コップというのは、かき氷などの氷菓を入れるために作られた和ガラスのコップのことです。アンティークの世界では主に戦前の氷コップが人気で、とくに大正から昭和初期のものが愛好されてきました。

氷コップが作られ始めたのは、明治初期と言われています。
当時、氷に蜜をかけて売る氷水屋がおり、コップに入れた氷水などを販売していました。初めは足つきのガラスコップを使い、明治の中期になると椀型の氷コップが登場しました。氷コップの形状は、大きく分けて棗(なつめ)型、椀型、ラッパ型、ベル型などがあります。

足つきのコップがほとんどで、脚部分はガラスであったりエナメルであったりと材質はバリエーションに富んでいます。
またコップ部分に文様が入っているものが多く、石畳の市松模様や水玉、七宝つなぎ、かごめ、亀甲(きっこう)、矢羽などの和風柄が主流です。
文様はあぶり出しやマーブル、かぶせガラスなどの技法で描かれ、今回のお品物のように乳白色のぼかしが入っているものは、非常に人気の高いタイプです。

今回のお品物はさらにコップの口の周りに、ほんのりしたパープルの色を付けてあります。
次第にグラデーションで薄くなっていき最後は透明になる。氷菓という一瞬のおいしさを味わうにはぴったりの氷コップです。

品川区七宝焼・ガラス