加賀蒔絵文机・文箱セット

東京都杉並区で、加賀蒔絵文机・文箱セットをお買取りしました。

加賀蒔絵(かがまきえ)は、石川県の伝統工芸品です。
蒔絵は漆塗りの上にごく薄く漆を塗り、塗ったところに金や銀で模様を描いていく技法です。非常に華やかな装飾ができるのが蒔絵の特徴ですが、加賀蒔絵はもともと大名家の使う高級漆器から始まったため、とりわけ優雅な作風が特徴です。

前田家の3代藩主である前田利常(としつね)は加賀藩の蒔絵技術向上のため、京都から五十嵐道甫(いがらしどうほ)と江戸から清水九兵衛(しみずくへい)などの技術者を金沢に招きました。そして江戸時代を通じて、加賀藩御細工所が脈々とその技法を伝え、美術工芸品としての価値を高めていったのです。

今回のお品物は、加賀蒔絵らしい優美な文机と文箱のセットです。
文机は読書や書き物につかう小さな机です。こちらの文机は、松の木と水辺の風景が金箔で表現された華やかなものです。遠景の山にも金蒔絵で立体感をだし、奥行きが感じられます。蒔絵は金粉の置き方や量、金粉の粒の大きさなどをたくみに使い分けることによって、平面の絵柄に立体感と遠近感を出すことができるのです。
さらにセットの文箱も華麗な蒔絵。文箱はもともと、手紙や書類をしまっておく箱なのですが、現在ではアクセサリーや小物類をしまう箱としても使われます。
文机と文箱がセットになっているので、通常よりももっと人気が高くなるお品物です。

杉並区漆器・蒔絵