渡辺無涯作 乾漆花器

東京都大田区蒲田のお客様から、渡辺無涯作 乾漆花器をお買取りしました。

乾漆(かんしつ)というのは、麻布と漆を使って自在な形を作る漆芸の技法です。
輪島塗などの漆器は、一般的に木の素地を使います。木材を食器や器の形に削り、磨き上げてから漆と米糊をまぜたものを塗り重ねていきます。これが下塗りで、さらに中塗り・上塗りを加えて、装飾をほどこします。
これに対して、乾漆は最初の形を石膏や粘土などで自由に作ります。作った型の中に麻布や和紙などをはりつけて、漆を塗り重ねる。固まったところで型から取りはずして、あとは同じように下塗りと中塗り・上塗りをして完成です。

乾漆の技法は、昔から仏像を作るときに用いられてきました。粘土で素地を作るので、細部まで造形を自由にすることができるため、大型の仏像を作る時には乾漆がすぐれていたのです。
同時に乾漆の作品は内部に木がありませんから、経年で木が痩せて細くなり、形がゆがむということも防げます。
非常にデリケートな形を作ることができ、繊細な曲線を多用する作品に向いている製法です。

漆器ならではの美しさと堅牢性、耐久性の良さは乾漆も一般的な漆器も変わりません。
しかし乾漆の場合は丈夫さとともに軽さもあるため、今回のお品物のようにあちこちに持ち運びたい作品に適しているといえましょう。

大田区漆器・蒔絵