孝弘作 乾漆鳥置物

大田区のお客様から、孝弘作乾漆鳥置物をお買取りしました。

乾漆(かんしつ)とは、麻布を漆で固めたもの、あるいは技法そのものをさします。乾漆の素地には麻布を使うのが一般的ですが、和紙を使用することもあります。

漆は乾燥すると非常に硬くなりますがもろいという特質があります。そのため、麻布や和紙の繊維を漆に埋め込むことによって強度を増し、軽くて強い材料を作ることが目的です。日本では天平時代以前の仏像が乾漆技法によって作られており、あの阿修羅像も乾漆でできた仏像です。

現在では、もともとの造形を粘土で作り、その上から石膏をかける方法をとります。
石膏をかけたら石膏内部の水分を抜いて乾燥させ、粘土を取り除けば型ができます。この型に麻布を貼っていくのです。麻布には米糊と漆を混ぜた、のべ漆というものを吸い込ませてありますから、やがて型に従って固まります。最後に漆を塗り重ねて完成です。
乾漆のもとの造形は粘土ですから、自由に形を作れます。今回のお品物のように抽象的でモダンな造形も自由に作れるのです。

漆には接着剤としての働きがあり、塗装の役割があるうえに、耐水性にすぐれており防腐性も高いなど、たくさんの特徴があります。乾漆の技法は、漆のさまざまな特性を生かした技術です。見た目よりも軽くて持ち運びに便利というのも、乾漆の作品の大きな特徴です。

大田区漆器・蒔絵