御所車図蒔絵硯箱

東京都渋谷区のお客様から、御所車図蒔絵硯箱をお買取りしました。

硯箱(すずりばこ)は、書道の道具である硯をしまうための箱です。
平硯箱や重硯箱、浅硯箱などの種類があり、筆や炭、水滴なども一緒にしまいます。収納箱ですが、美術工芸の世界では装飾品としても高く評価されています。

硯箱を工芸品として制作する場合は、漆塗りにしたあとに金銀の蒔絵をほどこすことが多いです。表に蒔絵をして、裏は梨地(つや消しの漆地)にしたり、表に螺鈿(青貝の殻の光沢のある部分を切って漆器にはめ込む技法)や描金などで装飾することもあります。
文台とセットで作ることもあり、豪華な硯箱が多数つくられてきました。

硯箱が最もよく作られたのは室町時代だと言われています。現在でも多くの美術品として残されており、表の蒔絵には古今和歌集や源氏物語など文学的なモチーフが多用されています。
江戸時代には国宝の硯箱である、八橋蒔絵螺鈿硯箱が尾形光琳作(おがたこうりん)によって作られました。

今回のお品物は、硯箱の表面が御所車の蒔絵文様で飾られています。
御所車とは平安王朝の貴族が使った牛車のことです。今でも着物のおめでたい柄としてよく使われますが、豪華で冨と豊かさを象徴する吉祥文様です。
漆黒の硯箱に浮かび上がる御所車は優雅で繊細な雰囲気をかもしだしています。

渋谷区漆器・蒔絵