純銀打ち出し茶托

東京都板橋区のお客様から、純銀打ち出し茶托をお買取りしました。

茶托(ちゃたく)は、主に江戸中期から隆盛した煎茶で使われた茶道具の一種です。
茶席で客に茶を進めるときに茶碗をのせる台を指しますが、昔は円形で足がついたものや鍔(つば)の付いているものなど、形もさまざまでした。材質には木材を使い、漆を塗った漆器が主なものです。茶台(ちゃだい)と呼ばれることもあったようです。茶道のみならす、毎日の暮らしのお茶道具としても欠かせないものです。

今回のお品物は、純銀製の茶托です。打ち出しという金工の技法をは、銀の塊または銀の板を金づちやタガネでたたいて形を作る方法です。裏からたたいて金属を伸ばし、表側を整えてから再度裏からたたいてふくらみを調整するという、根気と長い時間が必要な技法です。タガネや金づちでたたいた跡は加工できれいに消してしまうことも出来ますが、あえて跡を残して模様の一部とすることもあります。

こちらの茶托にもたたいた跡が残されており、なんともいえない手仕事の味わいをあらわしています。またこのように5枚・6枚の茶托がセットとして残っている場合は、需要がより高くなり、価値も上がっていきます。ご自宅にある場合は、茶托だけでは売れないのでは?とお考えにならずに、鑑定を依頼されるといいでしょう。

板橋区純銀