純銀芝山香炉

東京都世田谷区用賀のお客様から、純銀芝山香炉をお買取りしました。

柴山細工とは、漆器などの加工技術の一種です。芝山象眼(ぞうがん)・芝山彫ともよばれ、工芸品に優雅な装飾をほどこすために用いられます。
柴山という名前の由来は、江戸時代後期に柴山仙蔵(当初は大野木専蔵と称していました)が考案した技法だからです。

象嵌という金属のはめ込み技法をより洗練させた柴山細工は、土台になる金属や漆器に象牙や角、貝、甲羅などのピースをはめ込んで花鳥の模様を作ります。はめ込むピースはあらかじめ断片にしておき、さまざまな色を付けますので、絵画のような華やかさがもたらされます。

優雅でありながら落ち着いた作品が出来上がるため、漆塗りの屏風や紫檀(したん)などの木材に加工したベースに象嵌した品物などが、明治期に海外で大人気となりました。
横浜で制作された柴山細工の工芸品は幕末から明治にかけて欧米に輸出され、外貨の獲得に役立ったのです。
しかし海外に流出したものが多い多いため、とくに幕末から明治にかけての柴山細工は日本にあまり残っておらず、貴重なものです。

今回のお品物は、中央に柴山細工をほどこした純銀製の香炉。
金色をバックにして、二羽の鳥と桜の枝花が描かれた優雅な作品、香炉の蓋の持ち手にも小鳥をあしらった逸品です。

世田谷区純銀