ノリタケ ゴールドリッジ カップ&ソーサー6客

東京都渋谷区のお客様から、ノリタケ ゴールドリッジ カップ&ソーサー6客をお買取りしました。

ノリタケカンパニーリミテド( Noritake Co., Ltd.)は、日本の愛知県名古屋市に本社をもつ世界最大級の陶磁器メーカーです。
ノリタケの始まりは、創業者の森村市左衛門が1876年に東京の銀座に輸出商社「森村組」を創業したことです。兄の東京でのスタートと同じくして、弟の豊はアメリカにわたり、ニューヨーク6番街に日の出商会という小さな雑貨店を始めます。そして小さいながらも日米の輸出業を始めました。

当時のノリタケ食器は、繊細なハンドペイントが特徴でした。
オリエンタルな絵付けや細工はたちまち海外で人気になり、国内の陶磁器業者がコピー品を製造・販売するほどの評判でした。
このような初期ノリタケ製品はオールド・ノリタケといい、その優雅さと希少価値で国内外の陶磁器コレクターの収集品にもなっています。

ノリタケは大事に世界大戦後も陶磁器を作り続け、現在では事業の主力を工業機材やセラミックマテリアルに譲っていますがノリタケスピリットは脈々と受け継がれています。

今回のお品物は、ノリタケのなかでも高級志向のプロ仕様製品。
主に高級料亭やホテルで使用されていたシリーズですが、現在は製造が終了しているようです。優雅で華麗なカップ&ソーサーで、業務用ということで堅牢性も十分にあります。
美しく強い姿はいかにもノリタケらしい製品と言えるでしょう。

渋谷区ブランド食器