Meissen マイセン ホワイトレリーフ C&S

東京都世田谷区のお客様から、Meissen マイセン ホワイトレリーフ C&Sをお買取りしました。

マイセンは約300年前に、ヨーロッパで初めて硬質磁器を作り出した名窯です。
17世紀に初めて硬質磁器ができたというとちょっと遅いような気がしますが、それ以前のヨーロッパには、硬質磁器を作る技術が確立していませんでした。そのため日本の伊万里焼や中国からの磁器が貴重品とされていました。

なんとかしてヨーロッパでも硬質磁器を作りたいと願ったのが、ドイツのザクセン選帝侯のアウグスト王。みずからも硬質磁器の白さとつややかさを愛していたアウグスト王は、東洋磁器の一大コレクションを作り、ヨハン・フリードリヒ・ベトガーに磁器製造の方法を編み出すように命じました。
長い時間がかかりましたが、1709年にベトガーが磁器制作に成功しました。こうして1710年に、マイセンがヨーロッパ初の硬質磁器工房としてスタートしたのです。

今回のお品物のホワイトレリーフは、マイセンが得意とする純白の硬質磁器セットです。
つややかな白い陶器にインドからインスピレーションをうけたというレリーフがほどこされ、丸いレリーフがまるで水の波紋のようにカップとソーサーをおおっています。
カップのフォルムはマイセンのトップアーティスト、ツェプナーによるグローサーアウシュニット。花のつぼみを思わせるデザインが可憐なカップセットです。

世田谷区ブランド食器マイセン