津田信夫作 銅製亀型香炉

東京都大田区田園調布のお客様から、津田信夫作 銅製亀型香炉をお買い取りしました。

津田信夫(つだしのぶ)は、明治から昭和まで活躍した鋳金界の大家です。
明治8年に千葉県佐倉に生まれ、東京美術学校(東京芸大の前身)鋳金科を卒業。卒業の翌年には東京美術学校の教師になり、大正8年に教授になりました。大正12年には文部省からの海外留学の指示を受け、大正14年まで留学していました。

帰国後は昭和2年から帝展の工学部の委員をつとめ、昭和10年には帝国美術院会員、昭和12年には芸術院会員になり、明治から昭和にわたって彫金界の重鎮として意欲的に作品を発表してきました。
代表作は明治43年に作つた日本橋の上部鋳造装飾・獅子頭や昭和5年の議事堂貴賓室扉の装飾など。重厚でありながら斬新な技術とデザインを駆使した作品で知られています。

今回のお品物は、亀の形をした香炉です。亀の甲羅模様のなかに香炉の穴が切られて、ゆらゆらと香りが広がるように考え抜かれています。もともと亀は吉凶を伝える神聖な生き物とされていますから、とても縁起がいいモチーフでもあります。床の間におく香炉にふさわしい形です。

今回のお品物は、メタルアートの巨人と言われた津田信夫らしく無駄のない造形がみごとです。モダンなデザイン性もあり、時代にかかわらず新しさを感じる作品です。

大田区銅器