香取正彦作 鋳銅『鹿』置物

東京都杉並区のお客様から、香取正彦作 鋳銅『鹿』置物を買い取りました。

香取正彦(1899〜1988)は鋳金工芸家で、重要無形文化財の保持者(人間国宝)です。

香取正彦は、1899年に香取秀真の息子として生を受けました。
父である香取秀真は鋳金工芸家であると同時に歌人で、また金工史の研究者としても優れた論文を残しており、後に美術工芸家として初の文化勲章を受章した人物です。

香取正彦は初め洋画を学びますが、父の影響もあってか、東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学してからは鋳金の道を進みます。
1928年(昭和3年)に帝国美術院展覧会(帝展。現・日本美術展覧会)に初入選し、その後、1930年(昭和5年)から3年連続して特選を受賞しました。
商工省工芸展でも商工大臣賞二等賞、一等賞を受賞しています。

第二次大戦後は平和祈願の梵鐘(ぼんしょう。釣り鐘のこと)制作に力を注ぎ、150点を超える作品を残しました。
広島平和記念公園の資料館に展示されている5代目の「平和の鐘」も香取正彦の作品です。
その間も作品を発表し続け、1953年(昭和28年)に日本美術展覧会(日展)で日本芸術院賞を受賞しています。
このような数々の受賞と実績から、1977年(昭和52年)に梵鐘の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、1988年(昭和63年)には芸術院会員にも選出されました。

香取正彦の作品は「古典派」と呼ばれた父・香取秀真と同じく日本の古い造形や文様を基本にしていますが、同時に現代風のデザインも取り入れており、革新的な気風を併せ持っていると評されます。
この度、買取りいたしました『鹿』も、シンプルながら生き生きとした造形でとても素晴らしい作品です。

このような鋳金作品や、銅器・銀器のような金属器の買取りなら、ぜひ当店にご連絡ください。
当店の経験豊富な鑑定士が丁寧に査定し、高額買取いたします。

杉並区銅器