紫檀刳り貫き花台

東京都中央区のお客様から、紫檀刳り貫き花台を買い取りました。

「紫檀刳り貫き花台」は、「しだん(「したん」とも)くりつらぬきかだい」と読みます。

「紫壇」は、非常に有名な木材のうちの1つです。木材に少し興味がある人ならば、一度は耳にしたことがあるでしょう。ローズウッド種のうちの1つであり、強くはないものの、わずか

にバラに似た芳香をまとうことでも知られています。仏壇の材料や額縁の材料としてよく利用されるものであり、木材のなかでも、高級品に分類されます。
木目が美しく、上品さをかもしだせる素材であるため、仏壇や額縁意外にもさまざまな用途で利用されてきました。

東京都中央区で買取らせていただいた「紫壇刳り貫き花台(花台とは、花を生けた花瓶の下においておく台を指す)」のように、花台として利用されることもあれば、花瓶の素材として

も利用されることもあります。

紫壇は、かなり劣化に強い木材です。虫の侵食を受けにくいこともあり、きれいな状態で残っています。落ち着いた褐色であることが多く、どのような部屋であっても使いやすいデザイ

ンに仕上げられているのも特徴です。
愛着を持って長く使い続けることができるものですから、その利用価値は高いと言えるでしょう。

中央区木彫・竹籠