ブリキ自動車 トヨペットマスターライン

東京都目黒区碑文谷のお客様から、ブリキ自動車トヨペットマスターラインを買い取りました。

「トヨペットマスターライン」という名前の自動車ラインをご存知でしょうか。
この問いに対して即座にうなずける人は、ひょっとしたら、このトヨペットマスターラインに一つの夢を見ている人なのかもしれません。

「トヨペットマスターライン」は、1955年(「1956年」とするところも)に販売されたトヨタの自動車のラインです。これはそのうち、2代目・3代目と続いていくことになります。ちなみに、「トヨペッタ」という名称は、社内の人間がつけたわけではなく、なんと一般公募で決められたのだとか。

トヨペットマスターラインは、もともとは商用の車でした。しかしながらその乗り心地の良さは、一般的な乗用車と同様だとされており、高い評価が下されました。「商用の車」に「快適さ」を加えたことは、画期的であったことでしょう。

さて、この「トヨペットマスターライン」を玩具にするときに素材に使われたのが「ブリキ」です。今でこそ隔世の感を抱かせるブリキですが、かつては「新しい素材」「最先端の素材」であった時代がありました。

今回目黒区碑文谷で買わせていただいた「ブリキ自動車トヨペットマスターライン」は、当時の人々にとって、「新しいもの」が玩具という世界にもやってきたという驚きがあったのかもしれませんね。

目黒区ブリキ・超合金・ソフビ