十三代酒井田柿右衛門 桐鳳凰文額皿

東京都品川区小山のお客様から、十三代酒井田柿右衛門 桐鳳凰文額皿を買い取りました。

酒井田柿右衛門は、江戸時代に肥前国(現・佐賀県あたり)で活躍した陶芸家で、日本で初めて赤絵磁器を作り上げたことで有名です。
「濁手素地」と呼ばれる柔らかな乳白色の地に、花鳥風月を題材とした明るく華やかな色彩の絵を描く作風が、いわゆる「柿右衛門様式」の特徴とされています。
余白を大きく取って「濁手素地」を生かしながら、鮮やかな絵画を描いた「柿右衛門様式」は、海外に輸出され、当時のヨーロッパや磁器発祥の地である中国にも影響を与えました。
酒井田柿右衛門の名は代々受け継がれ、2014年に十五代目が襲名しました。今も脈々と柿右衛門様式を未来に伝えているのです。

この度買取りした作品は、十三代酒井田柿右衛門作のお皿です。
十三代酒井田柿右衛門は、七代目以降に長らく失われていた「濁手素地」の復活に十二代目とともに取り組んだ人物でした。1953年に「濁手素地」の復元に成功し、その技術は国の重要無形文化財に指定されています。
現在、「濁手素地」をつかった「柿右衛門様式」が製作されているのは、十二代・十三代酒井田柿右衛門の貢献があればこそといえるでしょう。
この桐鳳凰文額皿も「濁手素地」の地色と空白を生かし、色鮮やかに鳳凰を表現した素晴らしい作品です。

もしこのような「柿右衛門様式」の特徴がある磁器をお持ちで、買取りをお考えなら、ぜひ買取福助までご連絡ください。
骨董品・古美術品の鑑定歴が20年以上ある経験豊富な鑑定士が、誠心誠意査定いたします。

品川区陶磁器