三巴紋入黒塗陣笠

東京都目黒区八雲で、三巴紋入黒塗陣笠をお買取りしました。

陣笠はもともと室町時代以降に使用されたものです。
最初は陣中で足軽や雑兵といった下級武士がカブトの代用として使った簡易防具の一種でした。防具ですから、素材は薄い鉄や革。笠の形を作った後に黒漆を塗って着用しました。

のちには武士が外出時に使うようになり、外のふちを反らせた形に変化しました。今回のお品物は、こちらのふちが反ったものです。
陣笠には黒漆を塗り、全面中央に巴の紋が金色で入っています。
巴紋は、水が渦を巻いている形を表現した文様です。つまり渦巻のことで、家紋のほかに民家でも火災予防のおまじないとして屋根瓦や土蔵に描くことがあります。

そもそもは神社で多用されていた紋ですから、神社にかかわる一族が家紋として使用することが多く、二荒山神社を祖と崇めた宇都宮氏が巴紋を使用していますし、藤原秀郷の流れをくむ下野の小山氏や足利氏、佐野氏、下総の結城氏なども巴紋です。
ちなみに、忠臣蔵で有名な大石内蔵助の紋は二つ巴。これは大石氏が藤原秀郷の子孫だということに由来しています。

今回のお品物は、左三つ巴をつけた黒漆塗りの陣笠です。巴紋を家紋として用いるときは、巴の左右が重要になることもあり、たとえば西園寺家の場合は嫡流は左三つ巴紋を使い、庶流家は右三つ巴を使用するなどの違いがあります。

目黒区骨董品