内閣総理大臣特別慰労品 セーラー社 蒔絵万年筆

買取方法:  
買取品目:  
買取エリア:

内閣総理大臣特別慰労品 セーラー社 蒔絵万年筆をお買取りいたしました。

「内閣総理大臣特別慰労品」とは、日本政府から戦後の強制抑留者および引き上げ者の方に対して、慰謝の気持ちをあらわすために贈られた特別慰労品のことです。特別慰労品の品種には旅行券や置時計などがあり、豪華な蒔絵の万年筆もそのひとつでした。

この万年筆は日本を代表する文房具メーカーであるセーラー万年筆社のものです。
セーラー万年筆社は1911年に阪田久五郎が広島市呉市で創業しました。創業時に若干28歳であった阪田久五郎は、1948年に文房具業界で初めてボールペンを発表したと言われ、1958年にはカートリッジ式万年筆を発売しました。

このカートリッジ式万年筆で特許を取得し、その後はミニ型万年筆や、ふでペンなど数々のヒット商品を輩出しました。

新しいタイプの文房具を生み出す一方、セーラー万年筆社では、伝統的な技法も重視して来ました。セーラー万年筆の代表作「プロフィット」には「長刀研ぎ」という熟達の職人による高い技術が使われ、ペン先が刀の剣先のように長くするどく研がれています。形が美しいだけでなく、トメ・ハネ・ハライがきれいに書き分けられる機能的な万年筆です。

今回のお品物にも、日本伝統の技法が用いられています。つややかな漆塗りの軸は蒔絵で金箔と螺鈿が飾られ、まるで夜の黒い川面を桜の花びらが流れていくようです。螺鈿の青みがかった輝きと金箔・漆の黒の対比があざやかで、文房具と言うより、美術品の域に達しています。

このようなお品は、お受け取りになった方が大事に保管されて亡くなられたあと、お形見分けでご遺族が初めて目にされることがあります。

貴重なお品でもありますので、ご遺族の中で「他に使ってくれる人がいれば譲りたい」というご意見があれば、査定に出されるのが良いでしょう。保管状態にもよりますが、高値が期待できるお品物です。

骨董品買取ページはこちら

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル