李朝 鐵砂壺の買取

李朝 鐵砂壺をお買取りいたしました。

「李朝(りちょう)」とは、朝鮮最後の統一王朝であった「李氏朝鮮」のことです。1392年に建国され、漢城(現在のソウル)を首都とさだめて、朝鮮半島全土を領有し、17世紀には中国の清王朝に服属し、1897年に国号を「大韓帝国」と改めました。

この李朝時代には、古美術の世界で有名な「李朝白磁(りちょうはくじ)」が生まれました。韓国の陶磁器としては、高麗青磁(こうらいせいじ)と人気を二分するもので、今も高く評価されています。

「李朝白磁」には、李氏朝鮮時代の韓国における理想である「ソンビ」の精神が宿っていると言われます。「ソンビ」とは、韓国語で「学識が高く言動が清廉潔白な人、義理がたく、財産や官職を追い求めない人物」を意味します。
その理想を一生かけて追い求めることが「ソンビ」の精神であり、高く敬われた理想像なのです。

約500年も続いた李朝の時代を通じて尊重され続けた「ソンビ」の精神は、李朝の陶磁器にもあらわれています。
何ものにも染まらない白い陶磁器の肌は、厳選されたカオリン(高嶺土)のみを使い、1300度もの高温で焼き上げるために、美しさとともにほっこりした温かさもあわせ持ちます。
なんとも不思議な李朝白磁の白さは、「素朴の美」であるとして今も韓国では広く愛好されています。

今回のお品物は、李朝時代の壺です。
白い壺には、深いブルーの絵柄とともに黒褐色の発色が見られます。これは「鐵砂(てっしゃ)」といい、酸化鉄を多く含んだ釉薬です。川や海底に退席した磁鉄鉱・砂鉄などが材料になっており、素朴な黒色または褐色に焼きあがります。

李朝の壺には、とくに鐵砂(てっしゃ)を用いた絵付けが多く、ひとつの特徴となっています。
優雅かつ、まろやかさを持つ李朝の壺は、日本や韓国のみならず、世界じゅうにファン、コレクターが存在する人気のアイテムです。

陶磁器買取

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル