藤原雄 備前砧花入

買取方法:
買取品目:   

藤原雄 備前砧花入をお買取りいたしました。

藤原雄(ふじわらゆう)は、昭和から平成にかけて活躍した備前焼の陶芸家です。
1932年に陶芸家である藤原啓(ふじわらけい)の長男として生まれ、1951年に明治大学日本文学科に入学。大学卒業後はみすず書房で働きますが、父の病気のために帰郷。以後は父の藤原啓について、備前焼の修行を始めます。

精力的に作陶を続けた藤原雄の作品は、やがて日本国内での個展や海外での展覧会・陶芸展での出品作品が、数々の賞を受賞。備前焼に近代的な感覚を取り入れることで、国内外で高く評価されました。

1963年の国際陶芸展グランプリ受賞、1973年の金重陶陽賞受賞などを経て、1980年に岡山県重要無形文化財に指定されました。1996年には重要無文化財保持者(人間国宝)に認定され、親子二代の人間国宝となりました。

藤原雄の作風は、父親の影響を強く受けて力強くて豪快なものでした。
造形はシンプルながら明快なフォルムを持ち、豪放磊落という備前焼らしい姿の作品を多数制作しています。

どっしりとして温かみのある作品は海外での評価も高く、アメリカ現代陶芸美術館やカナダでおこなった個展も盛況。
藤原雄は、海外の大学で備前焼の講座を担当するなど、積極的に海外に備前焼を紹介する活動もおこないました。
それまで国外ではあまり知名度の高くなかった備前焼を国際的なアート作品にしたのも、大きな功績です。

今回のお品物は、備前砧花入です。
備前焼らしい素朴な陶器の肌をした、砧(きぬた)形の花入れ。藤原雄は「壺の雄」と呼ばれたほど、壺や花入れを得意としました。

実は左目が見えず右目も弱視だった藤原雄は、手で土にふれ、土の声を聴きながら作品を作り上げていったと言います。ハンディキャップのあることが独自の作風を生み、時間をかけて丁寧に土の魅力を引き出しました。こちらの花入れも、静かな人を引き入れるような土の色を持つ作品です。

備前焼買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル