鉄地金象嵌龍図鍔

東京都中野区のお客様から、鉄地金象嵌龍図鍔を買取りました。

刀の鍔(つば)とは、刀の柄(つか)と刀身の間に挟みこむパーツで、古くは「つみは」ともいいました。
南北朝時代から室町時代にかけて刀を身に着けるスタイルが主流になったため、柄を握る手を保護するために普及しました。戦国時代以降は、足軽などの下級武士の刀にも鍔が付くのが一般的でした。

やがて戦国の世が終わり江戸時代に入ると、刀は武器としてより一種の装身具に変化していきました。そのため鍔の素材も鉄に限定されなくなり、銅や色金を使って彫金の技術で飾りを彫り込むようになりました。
ちなみに刀の鍔というのは、手元にあるため、刀剣を使用している時には本人には見えません。戦っている相手に見せるためのパーツです。最初から人に見せるために作られているのですから、次第に手が込んだ装飾品になったのは当然でしょう。

今回のお品物は、鉄が素材の鍔です。地の鉄に、金を使って龍を象嵌したという凝ったもの。
象嵌とは素材の金属や木材などを彫り、彫った後へ金銀など地の素材とは異なる材料をはめこんで、模様を作る手法です。装飾工芸の技法で仕上がりに華やかさが出ます。
こちらの鍔は鉄の地に金で作った龍をはめ込み、龍の前身を3つに分けて配置することで、まるで雲間に龍が隠れているように見える大変に手の込んだ鍔です。

中野区銅器