伊東陶山作兎置物

東京都中野区のお客様から伊東陶山作兎置物を買取りました。

初代・伊藤陶山(いとうとうざん)は、幕末から大正時代に活躍した陶芸家です。
京都に生まれ、12歳の頃に円山派の画家小泉東岳の弟子となり、絵を学びました。師の東岳が画業とともに茶碗の絵付けや土瓶づくりをしていたため、それを手伝ううちに陶芸に目覚めました。やがて本格的に陶芸家の道に入り、陶工・亀屋旭亭(かめやきょくてい)の弟子になりました。

のちに、京都の祇園白川にみずからの窯「陶山」を開業。茶器や酒器などで、独自性と芸術性の高い陶芸を制作し始めます。
明治に入ってからは洋食器の制作にも乗り出し、海外貿易にも積極的に参加しました。その技術力を見込まれて、京都の宇治にあった朝日焼の復興を依頼されたこともあります。
粟田陶器組合の副組長や京都陶磁器商工業組合には創立時より参加し、組合頭取をつとめて京焼の統一に大きな貢献をしました。

伊藤陶山の業績は、墨画濃淡焼付法を発明したことでしょう。それまでの粟田焼の作風をくつがえすような革新的な作品を発表し、海外でも高い評価を受けています。
今回のお品物は、うずくまった白い兎の置物です。真っ白な体の中で、両目の赤さが兎の持つ生命力の強さをよくあらわしています。
初代以降3代つづく粟田の名門陶芸家らしい、上品さと静かな力強さをあわせもつ秀作です。

中野区陶磁器