北村西望作 犬ブロンズ像「剛健」

東京都中央区銀座で文化勲章受賞作家 北村西望作 犬ブロンズ像「剛健」を買取りました。

北村西望(きたむらせいぼう)は、明治から大正、昭和にかけて活躍した、長崎県生まれの彫刻家です。京都市立美術工芸学校彫刻科に在学中から頭角を現し、卒業した翌年には、第2回文展に初入選しました。続けて東京美術学校の彫刻科入学し、卒業後の1915年(大正4年)には第9回文展に「怒濤(どとう)」を出品し、みごと二等賞を受賞しました。翌年、第10回文展で「晩鐘(ばんしょう 東京国立近代美術館が所蔵)」が特選となりました。

以後も次々と意欲的な彫刻作品を世に送り出し、帝国美術院展覧会の審査員とつとめ、1921年からは東京美術学校(現在の東京芸術大学)の教授となって、若い芸術家たちの育成にも熱心でした。のちに帝国美術院会員になり、1958年(昭和33)文化勲章を受賞。晩年まで日本彫塑会名誉会長として精力的に活動を続け、官展系彫刻界の重鎮として長年にわたり指導者の役割を果たしました。

代表作は「長崎市原爆中心地建立平和祈念神像」などの力強さを感じさせる人物像ですが、今回のお品物のような小品にも優れたセンスを見せました。
小さいながらも見事な造形美をもつ犬のブロンズ像からは凛々しさと忠実さを感じることができます。彫刻界の重鎮の実力が如実にあらわれている作品です。

中央区彫刻