セーブルタイプ金彩カップ&ソーサー

世田谷区のお客様から、セーブルタイプ金彩カップ&ソーサーを買取りました。

セーブル焼とは、フランスのロココ調を代表する陶磁器です。ヨーロッパでもっとも洗練された文化をほこっていた18世紀のフランス宮廷において、上品かつ女性的な華やかさを持った焼き物として珍重されました。
セーブル焼の前身は、パリ東部にあったヴァンセンヌ窯です。当時のフランス国王ルイ15世の庇護を得て、フルヴィ公が工房を始めました。工房にはシャンティイ窯のデュボア兄弟がおり、日本の古伊万里の影響を受けた高品質の陶磁器を作っていました。

さらにルイ15世の愛妾であり、当時のフランス宮廷で才媛としても名高かったポンパドゥール夫人の後押しを得て、窯をセーブルへ移転。これにより王立セーブル製陶所が誕生したのです。現在でもセーブルは国立のままで、フランスが各国への贈答品として使うほどの格式と高品質を保っています。
今回のお品物はセーブルで焼かれた陶磁器ではありませんが、セーブルによく似た品の良さがあり、しかも金彩がほどこされた豪華なものです。高い美意識のもとで製造されたカップとソーサーは、実用品でもありますが、飾っておいても目をひきます。

このようなセーブルタイプのカップとソーサーやプレートなどのセットは、時期を問わず、需要がつねに高いお品物です。もしお手元にこのようなカップセットがございましたら、ぜひご一報ください。

世田谷区ブランド食器