市松人形・男の子

東京都中央区銀座で市松人形・男の子を買取りました。

市松人形と聞くと、おかっぱ頭の女の子をイメージされることが多いかと思いますが、もともとはひな人形に添えて飾るために男の子と女の子が1対のセットになっているものが多かったのです。出産祝いのために送られることもあったので、いまでも古い市松人形には男の子がたくさん残っています。

男の子の市松人形のルーツをたどると、江戸時代の歌舞伎役者・佐野川市松にたどりつきます。市松は徳川吉宗の時代に、中村座で大人気だった役者で、非常な美形役者として人気を博しました。そこで美男の市松の顔に似せて作った人形をつくり、市松人形と名付けたという話があります。
市松の名前の由来は他にもあり、佐野川市松が当たり役で着用した衣装が白黒の石畳模様=市松模様だったので、それを着ていたお人形に市松の名前を付けたという説や、市松という名前の孝行な子供にちなんだという説もあります。

また、昔は女の子が生まれると誕生祝いに贈ったり、その子供が大きくなると抱き人形として遊んだり、着せ替え人形として長く愛用しました。市松人形は手足や腰、膝も曲がるので、お座りやさまざまなポーズをとらせることができ、子供の遊ぶのにぴったりだったのです。
今回のお品物のように柔らかい表情の市松人形は、いまでもコレクターや人形愛好家の方から非常に高い人気があります。需要のなくならない骨董品です。

中央区人形市松人形